energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / KDDI(auでんき) / auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか

auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか


   

「auでんき」の詳細が発表されました。au携帯電話を契約している方または、同居している方がau携帯電話を持っていれば誰でも申込できる「auでんき」。その実態はどういったものになっているのでしょうか。

今回は「auでんき」と東京電力の料金と比較してみました!

auでんきは果たして安いのか

やっぱり一番気になるのは、「安くなるのか」ということですよね。まずは、料金表を見ていきましょう。比較する東京電力のプランは契約数が最も多い「従量電灯B」とします。

auでんき料金表

基本料金 単位 auでんき 東電(従量電灯B)
料金単価(税込)
10A 1契約 280.80円 280.80円
15A 421.20円 421.20円
20A 561.60円 561.60円
30A 842.40円 842.40円
40A 1123.20円 1123.20円
50A 1404.00円 1404.00円
60A 1684.80円 1684.80円

基本料金はauでんきと東京電力に差はありませんね。「もしかしたら電気料金は安くならないのでは?」と思ったそこのあなた!次は電気の使用量によって課金される電気使用量料金をご紹介します。

電力量料金 auでんき 東電(従量電灯B)
2016年5月31日まで 2016年6月1日以降
最初の120kWhまで 19.42円 19.51円 19.43円
120kWh~300kWhまで 25.90円 25.99円 25.91円
300kWh超過分 29.92円 30.01円 29.93円

auでんきの電力量料金は「2016年5月末まで」、「2016年6月以降」と2つに設定されていますね。今回は、2016年6月以降の電力量料金を参考値として計算してみます。

果たして安いのは「auでんき」or「東京電力」どっちか

それでは、実際に安いのはどちらか計算してみます。

電気使用量:350kWh

契約容量:30A

上記の条件で算出しました。

【auでんき】

基本料金:842.40円

電力量料金:(19.51円×120kW)+(25.99円×180kWh)+(30.01円×50kWh)=8519.9円

合計:842.40円+8519.9円=9362.3円

【東京電力】

基本料金:842.40円

電力量料金:(19.43円×120kW)+(25.91円×180kWh)+(29.93円×50kWh)=8519.9円

合計:842.40円+8491.9円=9334.3円

東京電力が、28円安い!

auユーザーさんにとっては残念な結果になってしまいましたね。少しの差ですが、auでんきに切り替えても電気代は安くならないようです。考えられる要因としては、基本料金は東京電力と変わりませんが、使用した電力量に対して課金される電力量料金の単価が東京電力より多少割高に設定されているからです。

しかし、実はauでんきにはこれを覆す特典があるのです!

auでんきの「キャッシュバック」

「なんだ、安くならないのか」と思ったそこのあなた!ちょっと待ってください。実はauでんきにはキャッシュバックがあるんです。

auキャッシュバック

出典:auでんき

月々の電気料金額に応じて、「au WALLET」にキャッシュバックを受けられます。

つまり、先ほどの電気料金9362.3円に対して、5%のキャッシュバックが適用されますので、

9362.3×0.05=468円のキャッシュバックを受けられることになります!

結果キャッシュバックを考慮すると

月額:440円 年間:5280円 auでんきのほうが安くなります。

結局安くなるのはどっち!?

auでんきと東京電力を比較した結果、電気料金では「0.08円×電気使用量」の値段分東京電力が安くなるということがわかりました。ここでは若干の差しか感じられませんね。ですがその反面、auでんきでは最低でも1%のキャッシュバックが保障されているので、au WALLET(コンビニエンスストア、百貨店、スーパー、ドラックストア、ネットショッピング等、全国のMasterCard加盟店で利用可)という電子マネーにはなりますが、auユーザーのすべての場合でauでんきがお得といえるでしょう。そして、電気を使う方ほどこの効果は顕著に現れます。

しっかり考えたい電気料金プランの変更

今回の比較は、auでんきと東京電力の従量電灯Bを比較してみましたが、東京電力は電力自由化に向け新たな電気料金プランを発表しており、支払額に応じたポイント付与なども始めています。その他の電力会社も続々と電気料金プランを発表している中、価格で比べるのか・附帯サービスで比べるのかなど判断基準は皆それぞれです。しっかりのライフスタイルなどを考え、ご自身に合った料金プランを見つけていただければと思います。

 

その他auでんきに関する記事はこちらをご確認ください。

ついに詳細発表!auでんきの実力は?

【auでんき】シミュレーションやってみました

 


 

次はこの記事

looopロゴ

Looopでんき 販売エリア拡大へ

目次1 Looopでんき 販売 ...