energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / 電力自由化解説 /
電源重視派のあなたへ。

電源重視派のあなたへ。


   


チャートでわかるあなたの電力自由化4つのタイプ
電源を重視して電力会社を選ぶ際に留意すべきこと
源重視派を選んだあなた。実は、電力自由化に関してどのような発電方式が取られているかというのはとても大きな要素なのです。ここでは、電源を重視して電力会社を選ぶ際に留意すべきこと・注意すべきことをまとめていきたいと思います。値段よりも、クリーンなエネルギーを使いたいという人にぴったりの内容です!
※「どこから買っても電気は電気。値段が大事!」という方は<値段重視派>の記事をご覧ください。

●そもそもクリーンエネルギーとは
リーンエネルギーとはその名の通りクリーン(きれい)なエネルギーの事です。 電気に限って言えばクリーンな発電で作られた電気の事ですね。 基本的にこのクリーンな発電を行えばCO2や有害な物質は発生せず、原発のようなリスクもありません。 ただ、安定した発電が難しい事が課題です。 カーボンクレジットという仕組みを使ってクリーンエネルギーとしているものもあります。
クリーンエネルギーとは
電力自由化が開始されると、クリーンエネルギーへの需要がより高まる

●電力自由化とクリーンエネルギー
力自由化が開始されると、クリーンエネルギーへの需要がより高まると考えられています。発電電源を意識する消費者は、リスクのある原子力発電やCO2を大量に排出する火力発電でつくられた電気を買いたくないと考えます。そこで、新電力の中に100%クリーンな電気のみを販売する会社が登場する予定です。ソフトバンクエナジーやF-Powerは特に力を入れてクリーンな取り組みを発表しています。
Energy-Naviでは、

電力自由化に関する情報エコにくらすための方法や海外での電力自由化の変遷、電力販売会社など

を紹介しています。

 

次はこの記事

HTBエナジー 画像

東電とHTBエナジーの新料金プラン比較してみました

目次1 HTBエナジーの新料金 ...