energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / KDDI(auでんき) / 【auでんき】シミュレーションやってみました

【auでんき】シミュレーションやってみました


   

1月19日に発表された「auでんき」。今や一人一台スマホや携帯電話を持っている時代ですので、皆さん注目されていると思います。では、実際に「auでんき」は安くなるのかチェックしてみたいと思います。

まずは基本情報

東京電力の「でんき家計簿」から過去の電気使用量・電気料金を確認します。

契約内容については、

契約プラン:従量電灯B

契約容量:60A です。

電気家計簿3_年間使用

auでんきのHPへ

au

auでんきのページ右下にある「料金シミュレーション」をクリック

現在の契約内容を入力しましょうauでんき(KDDI)2

上記で示した、契約種別、契約容量、利用月と電気量を入力!

シミュレーション結果の表示

入力した情報をもとに、シミュレーション結果が表示されます。

今回のシミュレーション結果がだと、年間で10,807円の削減、月々900円の削減が可能です。

auでんき(KDDI)4

auでんきの魅力は?

auのスマホ・携帯電話を利用している方は、電気の支払い金額によって「au WALLET」にキャッシュバックを受けられます。

auでんき_セット割

出典:auでんき

また、関西電力管内の方は、auと関西電力の提携により2016年1月20日~5月31日の間に申込を行った方は、8,000円以上の利用でキャッシュバック率が12%になるキャンペーンを実施しているなど、よりおとくにauでんきを使えるチャンスがあります。

その他にも、電気の使用量を確認できるアプリやauスマホや携帯電話とのまとめて請求など、auユーザーに取って魅力的なサービスが多くあります。

この機会に是非auでんきへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。


 

次はこの記事

au

JX、KDDIとの提携で電力セット割?

2016年4月の電力自由化を電 ...