energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / ihとガスコンロどっちがお得?導入費・ランニングコストを徹底比較

ihとガスコンロどっちがお得?導入費・ランニングコストを徹底比較


   

ihの普及がどんどん広まってきましたね。ihとガスコンロでは実際、どっちがお得なんでしょうか。導入費やランニングコストを徹底比較していきます。

導入費

まず、導入費について比較していきます。ガスコンロの場合、お値段は3~16万円ほど、ihの場合は4~20万円ほど。どちらも性能や、一度に使える鍋の個数などでお値段が変わってきます。

ihのほうが高いイメージがありますが、今はガスコンロもihもともに様々な価格帯のものが販売されていますから、どちらかが特別に高いというわけではないようです。

ランニングコスト

次に、ランニングコストについてです。ランニングコストについてですが、ガスコンロの場合は都市ガス、あるいはプロパンガスの料金が、ihの場合には電気代がかかります。

両方ににかかる費用を比較してみると、住んでいる地域にもよりますが、強火で30分使ったとすると

都市ガスなら140円

電気なら20円

プロパンガスなら500円

ほどです。ガスコンロよりもihのほうがランニングコストはお得なようです。毎日使うものですから、少しの違いでも結構おおきいですよね。

また、オール電化にした場合にはガスの基本料金がいらなくなるので、その分さらにお安くなります。

ガスコンロとih、どちらも導入費は大差がないものの、ランニングコストの面も考えるとihのほうがお得の場合が多いようです。

しかし、ihには使える鍋の種類が限られていてガラス鍋や土鍋を使うことができないなどの欠点もありますので、注意しましょう。


 

次はこの記事

スクリーンショット 2017-02-17 15.05.44

中部電力が東京電力エリアに参戦!その実力は?

目次1 中部電力の進出エリア2 ...