energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / ケイオプティコム(eo電気) / eo電気のメリット・割引試算・関電との比較

eo電気のメリット・割引試算・関電との比較


   

eo光を提供しているケイオプティコムより、2016年4月から提供されるeo電気の料金プラン詳細が発表されました。どんなサービスなのか、関西電力とくらべてお得なのかどうかみていきます。

eo電気の料金プラン詳細が発表

メリットは便利さ・安心さ・料金の安さ

JCOMや大阪ガス、東京ガスが様々な電気料金プランを発表する中、ケイオプティコムのeo電気を契約するとどんなメリットがあるのでしょう?

便利さ

通信費も電気代もお支払いが一つにまとめることができます。eo会員のWebサービスにて各種手続きや料金の確認などが一括で行えるため固定費の管理が簡単・便利になります。

安心さ

電力自由化に伴い多数の企業が家庭向けの電力販売に参入していますが、ケイオプティコムは「eo光」という定評のあるサービスを運営しており、電気のお手続きやさまざまなお問い合わせに関しても高品質の対応が期待できます。

電気代がお得になる

電気料金単価の違いや、スタート割などの割引キャンペーンの適応により月々の電気代が今よりも尾と苦になる可能性があります。

ここからは電気代に関して詳しくご紹介していきます。

 

どんな人が安くなる?

ケイオプtィコムの提供するeo電気を利用した場合、料金形態の関係上、使用量が多い人ほど、今より電気代がお得になります。

1段料金のみのシンプルな料金形態

通常の料金単価は使用量が増えれば増えるほど単価が高くなるような仕組みになっています。そのため、月々の使用量が多い人は、少ない人に比べて割高な電気を使用することになります。

・関西電力の一般的なプラン従量電灯Aの料金表

基本料金 1契約 373.73円
電力量料金 最初の15kWhまで 0.00円
15kWh~120kWh 22.83円
120kWh~300kWh 29.26円
上記超過 33.32円

しかしながら今回発表されたeo電気シンプルプランの場合は何段料金というものはなく電気の利用は一律で25.92円となっているため、使用量の多い方でも電力量単価が変わることはありません。そのため使用量の多いご家庭ほどeo電気に乗り換えると電気代が安くなる可能性が高いです。

基本料金 1契約 1,296円
電力量料金 1kWh 25.92円

 

関西電力と電気代を比較

関西電力と電気代を比較

実際に現在契約している関西電力よりも電気代がお得になるのか、
・基本料金
・料金単価
・1ヶ月500kWh使用した場合の電気代   をそれぞれ検証してみます。

※今回比較する料金プランは、両社が一般家庭向けのプランとして用意している、関西電力:従量電灯B、ケイオプティコム:eo電気シンプルプランを対象にしています。

基本料金は割高

上記の料金表にもあるようにeo電気の基本料金は割高であり、基本料金に関しては関西電力のほうが 922.27円 安いです。

使用量が120kWhを超えると単価が割安になる

関西電力の各電力量料金単価と比較すると

第1段階料金 eo電気が3.09円高い
第2段階料金 eo電気が3.77円安い
第3段階料金 eo電気が7.40円安い

このようにある程度の使用量までは関西電力のほうが料金単価が安いです。そのため月々の請求額が1万円程度である場合、ほとんど差は見られず、3人以上の世帯やペットの飼育に電気を使用していたりとヘビーユーザー向けな料金プランとなっています。

1ヶ月に500kw使用する場合

関西電力の場合基本料金 :373.73円
電力量料金
1段階 :2739.6円(120kwh×22.83円)
2段階 :5266.8円(180kwh×29.26円)
3段階 :6664.0円(200kwh×33.32円)      合計:15,044円

eo電気の場合基本料金 :1296円
電力量料金
1段階 :12960円(500kwh×25.92円)   合計14,256円

その差額は788円eo電気がお得という計算になりました!2段料金以降はeo電気がお得なためこの試算よりも電気使用量が多い場合は差額はより大きくなります。

 

2016年3/31までの申し込みでの割引制度

早期申し込み割引として2016/3/31までにeo電気に申し込みをされた方はさらに割引を受けることができ、1ヶ月あたり648円、1年に換算すると7776円の割引が追加されます。

2016年3/31までの申し込みでの割引

 

利用条件

割引率の高いeo電気ですがeo光ネットのご利用が開始していることなど、利用条件は少し厳しめなのでご確認お願いします。
ケイオプティコムの公式ページ「[eo電気]の提供条件について」より引用しておきます。

・eo光ネットのご利用を開始していること(eo光ネット1契約につき、eo電気1契約となります。)
・関西電力の電気供給エリア内で、すでに低圧で小売電気事業者等から電気の供給を受けていること(高圧一括受電、契約期間が1年未満または使用機器の総容量が400ボルトアンペア以下である等、一部の形態の場合は、eo電気に申し込むことは出来ません。)
・eo光ネットのご利用場所において、電灯または小型機器を使用されること
・eo電気契約約款に承諾いただけること
※電気使用量が少ない方、オール電化住宅等のお客さまでは、現在よりも電気料金が高くなることがありますので、お申し込みの際には、電気代シミュレーションでよくご確認し、eo電気の料金をご理解し たうえでお申し込みください

 


 

次はこの記事

東急パワーサプライ

東電と東急パワーサプライの新プランを比較してみました

目次1 東急パワーサプライが新 ...