energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 豆知識 / CO2排出がなかったことになるカーボンクレジット

CO2排出がなかったことになるカーボンクレジット


   

環境に優しいものはコストがかかる。もはや、これが常識のようになっています。

そんなコストを払うことで環境に優しくなることができる制度があります。

カーボンクレジット制度です。

 

カーボンクレジットの仕組み

再生可能エネルギーで発電を行うことによって、火力発電などの従来の発電方式に比べてCO2排出量を大幅に削減することができます。

また、植林や自然保護の活動によってCO2を吸収することができます。

これらの削減量・吸収量をうることができる、それがカーボンクレジットの考え方です。

CO2抑制分を買った人は自分が排出したCO2分と相殺する事ができます。

この制度を利用することによってたとえCO2を排出していてもクリーンな電力として販売することができるのです。

 

カーボンクレジット
カーボンクレジット

 

カーボンクレジットの仕組みを利用するF-Power

新電力として電力小売市場に参入する予定のF-Powerの子会社G-Powerは100%クリーンなエネルギーとして電気を売りだす予定です。

しかし、G-Powerは需要量に対応できるだけの再生可能エネルギーによる発電所を持っているわけではありません。

このカーボンクレジットを利用することによってクリーンなエネルギーを実現しているのです。


 

次はこの記事

italy-1587287_1280

ふるさと納税で家電がもらえる!?賢く寄附して節税効果!

目次1 ふるさと納税って何?2 ...