energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / エアコンはつけっぱなしがお得って本当!?電気代を安くする7つのポイント

エアコンはつけっぱなしがお得って本当!?電気代を安くする7つのポイント


   

毎日寒い日が続きますよね。手足も冷え冷え、体もブルブル。
そんな時はついついエアコンもつけっ放し!しかも高温設定で強風にしたり。
そして気づいた時には、高額な電気代の領収証がポストに・・・。

ちょっと待って!その前に、まずはエアコンについてよく知ることから始めてみませんか?
うまくお付き合いをして、体ポカポカ、お財布もふっくら保てるように研究してみましょう。

エアコンのしくみ

エアコン イラスト

そもそもエアコンとは、どういう仕組みで空気を温めたり、冷やしたりしているのでしょう?

エアコンは、ヒートポンプ技術を使って運転しています。ヒートポンプ技術とは、空気中の熱を集めて、その熱をガス(冷媒)に乗せて移動させることです。エアコンの室内機と室外機の間にはガス(冷媒)が通っていて空気の熱を運んでくれています。電車のような役割ですね。

ガス(冷媒)は、圧縮すると温まり、膨張すると冷たくなります。暖房時は、ヒートポンプ技術によってそのガス(冷媒)を膨張させることで外気より冷たくし、外気の中の熱を取り込んで室内機まで移動します。移動中にヒートポンプシステムはガス(冷媒)を圧縮させて集めた空気をさらに温めます。そして温まった空気が室内機から室内へと送られる仕組みとなっているのです。

ちょっと難しい話になってしまいましたが、高度な技術を使って私たちが生活しやすい環境を作ってくれているんですね。

エアコンって夏と冬、どっちが電気代が高い?

エアコンが最も活躍するのは暑い季節の夏、けれど実は暖房を使う冬が電気代が高いんです。これは、室外と設定温度との温度差が関係しています。

例えば

 夏→室内35度→エアコン28度設定→温度差7
冬→室内5度→エアコン20度設定→温度差15

この場合、外気との温度差を埋めるために、エアコンは一生懸命稼働します。スイッチを入れてから、室内を設定温度にするまでが一番電気代がかかるのです。

ということは、ますます冬の間のエアコンの使い方次第で、電気代が節約できるかどうかの大きなポイントになってきますね!

エアコンはどうやって使うと省エネになるの?

エアコン 疑問

これが一番の問題ですね!エアコンは使用中に、大きな音がしたり時に静かになったり、常に同じ動きをしているわけではありません。では、どういう時に電気を消耗しているのでしょうか?

一般家庭のエアコンは、ほとんどが電気で圧縮機(コンプレッサー)を動作させるEHP方式によって動いています。エアコンは、圧縮機(コンプレッサー)を動作させることと、ファンを回転駆動させることに電力が使用されていますが、ファンはエアコンをつけている間は、常に回転駆動しているため、停止させられません。

そのため、エアコンを省エネで使うポイントは、コンプレッサーを停止させる時間を長くすることです。

エアコンを1日中つけている方が電気代が安い!?

最近ネットでは、エアコンを1日中つけている方が電気代が安い!という説もよく聞きますが、上記のことが少し関係していたりするのかもしれませんね。

エアコンのつけ始めは、設定温度に達するまでフル稼働で運転していますから、かなりの電力を消費します。しかし、室内が設定温度と同じくらいになってくるとコンプレッサーは停止し、送風のみに切り替わります。部屋の大きさや実際の温度などによっては、すぐに設定温度まで調整され、以降の消費電力は大幅に減ります。

ということは極端ですが、1日中エアコンを運転し続けたとして、室温が設定温度と同じであれば、コンプレッサーがまったく起動しないので電気代は高くならない、ということになります。

エアコンは、外気温や室内温度、温度設定、カーテンやブラインドがあるかないか、室内にいる人の数や照明の数等々、様々な外的環境によって運転を頻繁に変化させています。そのため、消費電力を的確に算出するのがとても難しい性質の電化製品です。

単純計算ではあくまでも目安としての数値であって、実際の消費電力を100%つかむのは難しく、つけっ放しにしていれば必ずしもお得とは言えません。

小さなことが大きな節約へ7つのポイントに!

以上ことを踏まえて、皆さんご存知のことも含め、節約へのポイントをまとめてみます。

エアコンを自動運転にする。

 温度調整
→コンプレッサーの運転時間が自動的に調整されることになるので、設定温度になれば過度な運転をしなくなります。

設定温度を1度下げる(暖房)

→設定温度を1度下げることで消費電力は約10%減少するといわれています。

フィルターを清掃する。

フィルター交換
→エアコンは室内の空気を室内機で吸気し、ガス(冷媒)を通じて室外機で冷却しています。室内機のフィルターにほこりがたまっていれば、エアコンの効率も1520%下がるといわれています。また、エアコンを運転させればそのほこりをまき散らすこととなり、身体にも悪影響となります。

換気扇やレンジフードを過度に使用しない。

→換気扇やレンジフードは外気を一気に室内に取り込むため、窓を開けっぱなしにしているのと同じです。温かい空気を逃がしていることになるので、最低限の使用に留めましょう。

エアコン室外機の前面に物を置かない

→エアコンは、外気を取り込んで熱交換し、室外機の前面から排気しています。そのため、室外機の前面に物があると熱交換能力が悪くなり、消費電力にも影響してしまいます。

エアコン室外機は日によく当たる場所がいい(冬)

→エアコン室外機は熱交換を行うので、冬は冷気を放出します。(冷房時は熱を放出しています。)
室外機が冷えていると熱交換の効率が悪くなるので、暖房時は室外機を日に当たるようにし、冷房時は日光が当たりすぎないようにしたり、冷やすようにすることで熱交換しやすい環境を作ります。

エアコン買い替えを検討する。

→どんな電化製品でも寿命があります。エアコンは日々進化していて、約15年前の製品と今の製品だと、消費電力は約60%まで下げられるともいわれています。各製品の性能や使用頻度にもよりますが、購入して10年が経過していれば買い替え時期の目安となります。

まとめ

エアコンのつけっぱなしにより、室内温度を設定温度と常に同じにすることが出来れば、理論上は電気代は高くなりません。しかし外気温や室内温度は室内にいる人の数やカーテンの有無、照明の数やエアコンの状態等々、様々な外的環境により室内温度は左右されるため、一概に節約ができるとは判断出来ません。それよりも上記に挙げた小さなことで、コツコツと確実に節約をしていくことが大切です。エアコンは、今や生活になくてはならない必需品です。うまくお付き合いしながら、電気代も無駄にならないように、ひとつひとつのことを心掛けながら毎日を過ごせば、思わぬ節約につながるかも!


 

次はこの記事

スクリーンショット 2017-04-04 14.06.31

シャープの空気清浄機なら花粉症に辛い方にもおすすめの機能満載!

目次1 シャープといえばプラズ ...