energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / すぐできる節約術 / 美容室経営の方、必見!こんなに安くなる電気代!

美容室経営の方、必見!こんなに安くなる電気代!


   

美容室は、通常のサービス業に比べて「電気」をたくさん使用する業種です。例えばドライヤーの場合は、1台あたり15Aの電力が必要と言われています。

その為、セット面が4面ある店舗の場合は、15A×4面=60A程度の電力契約が必要になります。その他にも、パーマ機器などの電化製品があるので契約容量や電気代は悩みの種になりやすいです。

今回は、美容室の運営で掛かっているコストをひも解いてコスト削減を達成した店舗をご紹介していきます。

美容室

美容室の電気代

店舗情報
営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
セット面 6面

セット面は6面あり、小中規模な美容室です。

電気契約について

電気契約①

電力会社 東京電力エナジーパートナー
契約種別 従量電灯C:15kVA

電気契約②

電力会社 東京電力エナジーパートナー
契約種別 低圧電力(7kW)

ドライヤーなどで使用する「従量電灯C」と業務用エアコンで使用する「低圧電力」の2つの電気契約を行っています。一般家庭ではなかなか使用しませんが、「低圧電力」という契約種別は業務用エアコンなど200Vの電気を必要とする電化製品を使用する際に用いられる電気契約になります。

補足(それぞれの電気料金表)

従量電灯C

単位 料金(税込)
基本料金 1kVA 280円80銭
単位 料金(税込)
電力量料金 最初の120kWhまで(1段階料金)  

1kWh

19円52銭
120kWh~300kWhまで(2段階料金) 26円00銭
上記超過(3段階料金) 30円02銭

低圧電力

単位 料金(税込)
基本料金 1kW 1,101円60銭
電力量料金 夏期 1kWh 17円06銭
その他季 1kWh 15円51銭

毎月の電気代は~55,000円程度

電気料金は月によって変動しますが、40,000~55,000円程度とのことです。

毎月の電気代
従量電灯C 25,000~35,000円
低圧電力 15,000~20,000円
合計 40,000~55,000円

美容室も電力会社を選べるのはご存知ですか?

※これは取材時にお話した内容です。

電力自由化はご存知ですか?
知ってました
電気代が安くなるのもご存知ですか
知ってますよ

 

電気代が安くなるのに何で変更してないんですか
知ってはいましたが、日々の仕事に追われ取り掛かれないのが現状ですね。

お店のため、少しでも経費は減らしたいので、やるべきだとは思っているのですが、手間とかどういったプランがあるのかなど調べるのも大変ですし。。。

実際に電気代がいくらくらい安くなったら本気で動きそうですか?
電気代をはじめガス・水道などの固定費は少しでも安くできるのならば変えたいです。
こちらの美容室の電気代で計算してみましょう!

条件はわかりやすく、従量電灯C契約の15kVAで、月間電気使用量は800kWhとして計算してます!

従量電灯C(15kVA 800kWh)

現在のプラン 新電力A社 新電力B社 新電力C
基本料金 4,212円 0円 4,212円 4,212円
電力量料金 2,332円 21,600円 8,335円 2,491円
4,664円 11,435円 4,187円
14,965円 12,875円
合計 26,173円 21,600円 23,982円 23,765円

電力会社A:-4,573円 割安

電力会社B:‐2,191円 割安

電力会社C:-2,408円 割安

選定した電力会社全ての電力会社で現状よりも2,000~4,500円程度(月間)の割安になります。

年間にしたらMAXで、54,000円程度の削減が見込めますね!

安いですね・・・たとえ2,000円でも下がるに越したことはないです
それぞれ、プランに特徴があります。

電力会社A:基本使用料が0円・電力量料金が一律料金

電力会社B:基本使用料は現状プランと同等・電力量料金が2段階で現状プランよりも割安な単価

電力会社C:基本使用料は現状プランと同等・電力量料金が3段階で現状プランよりも割安な単価

色々ありますね。勉強になりました

最終的には基本料金がないプランを選択

こちらの美容室は、最終的に基本使用料がなく、電気量料金が一律に設定されている電力会社へ変更しました。電気代の大きな割合を占める基本料金がないだけで、月々の削減額が大きく見込める結果になりますね。

毎月の使用量が多い美容室だからこそ、少しでも電気代は安くすませたいですよね。現在、電力会社から発表されているプランの多くは電気を多く使っているユーザーに対してメリットが出るような料金体系が多いです。つまり、美容室など毎月電気を多く使う店舗は電力会社を変えることで大きなメリットを享受できる可能性が高いです。

電気代 下がる

最適な料金プランを選定するお手伝いをしています

エナジーナビでは、美容室向けに選任の小売電気アドバイザーが最適な料金プランの選定をお手伝いしています。

診断は無料で行っていますので、

・どのようなプランがあるのか

・自分の店舗に合ったプランはどの会社なのか

・うちの使い方で安くなるプランは?など、お気軽にお問合せ下さい。

お問合せ

 


 

次はこの記事

掃除

エアコンの電気代節約には掃除が効果的!

目次1 今更聞けない?エアコン ...