energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / 賢く夏バテ・節約対策

賢く夏バテ・節約対策


   

今年も暑い夏がやってきました。
暑くなるとエアコンを使いたくなりますが、どうしても気になるのは電気代。
かと言って、あまり節約してしまうと夏バテになってしまい、節約する以上に損をしてしまいます。
そこで、エアコンにかかる電気代を賢く節約する方法と、エアコンを使わなくてもできる夏バテ対策をご紹介します。

エアコン

まずは、エアコンを出来る限り安く使用する方法です。

設定を賢く利用する

エアコンの設定を上手く組み合わせる事によって、通常の使用より電気代を節約する事が出来ます。
まず、風速を自動運転に設定します。
すると、運転をスタートして室温が設定温度になるまでは強風で一気に冷やし、温度が下がったら弱い風で電力消費が抑えられます。
温度センサーによってしっかり制御されているので、手動で風速を変えるよりも効率的。
次に、風の向きを出来るだけ天井に向けるようにします。
冷たい空気は下に、暖かい空気は上に溜まりますので、風の向きを上にする事によって天井から順番に空気を冷やすことが出来ます。
エアコンによっては、ドライと組み合わせて高めの設定温度でも体感温度を涼しくできる機能も搭載されています。

掃除で節電・健康

意外と電力消費に悪い影響を与えているのが、エアコン内部の汚れです。
エアコンは室内の空気を取り込んで冷やしてから放出していますが、内部に汚れが溜まってしまうと、空気を冷やす効率が悪化して、部屋が冷えるまで時間がかかってしまいます。
空気の取り入れ口には洗浄できるフィルターが搭載されていますが、長い間使っていると、フィルターを通り抜けて内部に細かいほこりが侵入します。
また、冷却中のエアコンの内部には、空気中の水分が結露して濡れた状態になっています。
そのため、入り込んだホコリに付着したカビの胞子が繁殖し、見えないところで埃とカビが混ざった塊が出来てしまいます。
こうなると、エアコンを使うたびに部屋中にカビをまき散らしてしまう事になるので、健康にも良くありません。
エアコンの内部清掃は、自分で行ってもなかなかきれいには出来ませんので、シーズン前にでもクリーニング業者に依頼しましょう。

Female holding a remote control air conditioner

エアコンにも負けません!扇風機

扇風機は、使い方次第で体感温度をかなり下げられます。
あまり暑くない夜間や朝は扇風機の利用が効果的。
電気代はエアコンよりずっと安いので節約にもなります。

風で体感温度をさげる

暑い時でも風が当たると涼しく感じるのは何故でしょうか?
人間は暑くなると汗をかきますが、この汗が風に当たって乾く際に、体の表面から温度を奪っていきます。
気化熱という効果なのですが、これを上手く利用すると、扇風機だけでも快適に過ごすことが出来ます。
夕方帰宅すると、外より室内の方が温度が上がっていると思います。
そのような時には、窓際に扇風機を設置し、外から空気を室内に送り込みましょう。
エアコンより風量が大きいので、あっという間に室温が外と同じぐらいまで下がっていきます。
扇風機の向きは外に向けると効果的。
扇風機によって室内の空気が外に出され、変わりに窓から外の空気が吸い込まれるので、扇風機を部屋に向けるより多くの空気が流れ込みます。
部屋が涼しくなったら、扇風機の風が体に直接当たらないように調整します。
出来れば、部屋の壁を利用して、そよ風程度の風を感じる程度にしましょう。
強すぎる風は体を冷やし過ぎてしまうので、夏バテの原因になってしまいます。

電気代の節約になる

扇風機を使うことで、エアコンにかかる電気代をかなり抑える事も出来ます。
先ほどご説明したように、冷たい空気は下に溜まるのですが、扇風機で溜まった冷たい空気をかき混ぜてやると、効率的に部屋の温度を下げることが出来ます。
エアコンしか使っていない場合に比べ、設定温度を2度程度上げても涼しく過ごせます。
ある程度部屋が冷えたら扇風機だけにすると、更に電気代が節約できます。

Cool

冷却シート、ござ、冷たくない飲み物

夏場を快適に過ごすというと、どうしても扇風機やエアコンに頼りがちになってしまいます。
しかし、工夫次第では電化製品をあまり使わなくても快適に過ごせます。

外から涼しく

夏場の暑さで感じる不快感、その不快感の原因は気温の高さだけではありません。
床や椅子に触れている部分の蒸れや、肌にじっとりとまとわりつく汗も不快感の原因です。
そこで、昔ながらの道具や、最新のグッズを利用して汗を抑えたり、座っていても蒸れないようにすれば不快感が抑えられます。
昔ながらの道具というと、床に敷くござ。
クッションやカーペット、フローリングと違い、隙間に空気を通してくれるので、体と密着していても湿気を逃がしてくれます。
最近では、ござと同じように敷くことによって体の熱を吸収して冷やしてくれるシートも市販されています。
冷却シートを布団に敷いておけば、窓を開けるだけでも十分快適に眠れるようになります。
シートの上にシーツを被せる事もできるので、汗でべたつくこともありません。

体内から活気づける

暑くなってくると冷たい飲み物が飲みたくなると思いますが、あまり冷たい物ばかりを取っていると、内臓が弱って夏バテの原因となってしまいます。
人間の体内温度は36~7度程度が最も健康に過ごせるのですが、冷たい物を飲むと、一時的に内臓の温度が下がり、調子が落ちてしまいます。
そうなると、下がった体温を元に戻すために体が熱を作るのですが、この時にカロリーをかなり消費してしまいます。
夏場はただでさえ気温によって上がった体温を下げるために体力を使っているので、体温を上げるためにエネルギーを使ってしまうと、暑さに体が耐えられなくなってしまいます。
喉が渇いて水分を一気に取りたい時は、冷たい物ではなく常温の物を飲んだ方が体に負担がありません。
気分転換には冷たいもの、水分補給には常温のものと使い分けるようにすると、夏に起こりやすい胃腸炎などの予防にもなります。

暑い夏を乗り切るための食材はこちら

夏の電化製品の節約術はこちらへ


 

次はこの記事

battery-22119_1280

充電池(ニッケル水素電池)はお得!?~乾電池と比較して~

目次1 充電池(ニッケル水素電 ...