energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / 東京ガス / 結局どっちが安い?東京ガスと東京電力の電気料金プランを比較

結局どっちが安い?東京ガスと東京電力の電気料金プランを比較


   

2月1日に東京ガスが新電気料金プランを発表しました。新料金プランに関する比較はこちらをご確認ください。東電と東京ガスの新プランを比較しました

東京ガスが2016年4月より提供を開始する電気料金プラン「ずっともプラン」を発表しました。ユーザーの生活スタイルやビジネスニーズにあわせて、ガス、電気、その他サービスから自由に組み合わせることができる総合プランとして注目を集めています。

提供エリアとしては、東京電力管内(東京都・神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)としており、東京電力との激しい顧客争奪戦が予想されます。

公式ページボタン

結局、どっちが安い? 両社のプランを比較してみました。

比較する料金プランは、両社が一般家庭向けのプランとして用意している、

東京電力:従量電灯B
東京ガス:ずっとも電気1

まずは基本料金から比較!

基本料金 単位 従量電灯B ずっとも電気1 比較
料金単価(税込)
10A 1契約 280.80円 提供なし
20A 561.160円
30A 842.40円 907.20円 64.8円東京電力の方が安い
40A 1123.20円 1209.60円 86.4円東京電力の方が安い
50A 1404.00円 1512.00円 108円東京電力の方が安い
60A 1684.80円 1814.40円 129.6円東京電力の方が安い

基本料金は東京電力が、全ての契約容量で東京ガスより安い!

意外な結果が出ましたね。基本料金に関しては東京電力の方が安いことがわかりました。

また、東京電力は10A~60Aまでの契約容量プランを用意しているのに対して、東京ガスは30A以下の電気料金プランは用意していないようです。一人暮らしの学生・社会人の方で30A以下の契約容量を利用している方は、東京ガスのずっともプラン1への変更はちょっと考えてしまいますね。(もちろん契約容量を30A以上に変更すれば利用可能です。)

この料金設定から見ても東京ガスは電気利用が多いファミリー層のユーザー獲得を狙っているのがわかりますね。

公式ページボタン

電気量料金 東京電力 東京ガス
第1段階 最初の120kWhまで 19.43円 最初の140kWhまで 23.24円
第2段階 120kWh~300kWhまで 25.91円 140~350kWhまで 23.89円
第3段階 300kWh超過分 29.93円 350kWh超過分 29.12円

第1段階料金東京電力が3.81円安い

第2段階料金東京ガスが2.02円安い

第3段階料金東京ガスが0.81円安い

皆さん何かお気付きになりましたか?各段階料金で設定されている電気使用量に差があります。
電気使用量の設定している値を会社別に見てみると、

【東京電力】0~120kwh・120~300kwh・300 kwh以上
【東京ガス】0~140kwh・140~350kwh・350kwh以上上記のように分かれているのが分かりますね。
ただ、この電気使用量の差がどれだけ電気料金に影響を与えるのかいまいちわかりませんよね。そんな方のために、次は実際に電気料金を計算してみます!

公式ページボタン

実際の電気料金を算出してみる

契約容量40A・月間の電気使用量を350kwhとして算出してみましょう。

東京電力の場合基本料金 :1123.20円
電力量料金
1段階 :2331.6円(120kwh×19.43円)
2段階 :4663.8円(180kwh×25.91円)
3段階 :1496.5円(50kwh×29.93円)合計:9615.1円

東京ガスの場合基本料金 :1209.60円
電力量料金
1段階 :3253.6円(140kwh×23.24円)
2段階 :5016.9円(210kwh×25.91円)
3段階 :0円(0kwh×29.93円)合計:9480.1円
おぉ、350kwhだと東京ガスの「ずっともプラン1」の方が、東京電力の「従量電灯B」より安くなりますね。
東京ガスの電気料金は東京電力と比べると、1段料金は高いものの2・3段階料金が低く抑えられているので、電気使用量が多いご家庭などにはオススメプランと言えますね。

公式ページボタン

セット割について!

“ガス・電気のセット割”で年間3,000円の割引東京ガスの都市ガスと電気を契約しているユーザーは毎月の基本料金が、250円割引になるとのことです。つまり、都市ガスとのセット割を利用することで、基本料金も東京電力より安く抑えることが可能になります。噂のトリプル割!その詳細は?東京ガスの都市ガス・電気・プロバイダ(提携)で東京ガストリプルセット割にすると、10,000円前後もお得に利用できるようになるようです。
提携先の情報はこちらをご確認下さい。(東京ガスHPに移動します)

さまざまな料金プラン

新電力が続々と電気料金プランを発表しています。energy-naviでは今後、ユーザーと電気料金プランを結び付けるマッチングシステムを提供予定ですので、是非ご活用ください。

公式ページボタン


 

次はこの記事

rp_Jic_20151225_003_1.jpg

東京ガスの電力契約申し込みが10万件を突破!

東京ガス契約10万件突破! 東 ...