energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 東京電力 / 東京電力 使い続けるメリットとは!?

東京電力 使い続けるメリットとは!?


   

東京電力を使うメリットとは!?

第一に企業としての安定性ある

安定 電力の自由化に伴い、新電力と呼ばれる電力供給事業に新規参入する様々な事業者が出てきていますが、その中には企業規模も小さく、電力に関する事業を全く手掛けたことが無い企業も多く、電力供給を行う事業者としての安定性には若干の不安が残る所があります。たとえば、新電力として新規参入の事業者を選んだとしても、選んですぐに事業として成り立たずに企業が倒産してしまうと言うようなことになれば、電力の安定供給も望むことが出来ず、また、電力供給事業者を選び直す必要も生まれてきます。これは非常に手間な事ですし、どの事業者が将来にわたっても安定していて、倒産の危険性も少ないのかという事は素人には全く分かりません。その点東京電力は、電力事業者としての長年営業してきたことから企業としての安定性も十分ですし、電力の供給がストップしてしまうと言う危険性も、新規参入の事業者に比べればはるかに少ないと言えます。企業規模としても新規参入の新電力の企業と比較してもはるかに会社としても規模が大きいので、安定経営が期待出来て、企業の倒産などの心配をする必要も少ないので、電力の供給に不安を持つという事もなく、精神的な負担が少ないと言えます。

東京電力にはオール電化住宅などにおすすめのプランがある

細かいプランに対応できる東京電力

鉛筆

電力自由化で様々な電力供給事業者が登場して、各社低料金を文句に集客活動を行っていますが、全ての場合に新電力が安くなると言うわけではありません。特にオール電化住宅の場合であれば、新電力に乗り換えるよりも東京電力の電気料金の方がずっとお得という場合があります。東京電力であれば、エコキュートや電気温水器などといった電気を使用してお湯を温めて家庭で使用するお湯として使用して、ガスを使用しないオール電化住宅という形で家を設計している家庭に対しては、オール電化住宅向けのメニューが用意されています。このメニューは、電気が良く使用される昼間の料金は割引が無く、電気の使用量が減る夜間帯の電気料金を非常にお得にして、夜間電力を多く使ってもらうと言うプランです。エコキュートな度は自動的に夜間帯の電力を使用してお湯を温めて、そのお湯を日中に使用すると言うシステムで、夜間の低料金を最大限に生かすことが出来ます。新電力では、毎月の使用料金から数パーセントの割引であったり、一日の全ての時間が同じ料金であったりという料金メニューが多いので、夜間帯の電力を上手に使用するオール電化住宅であれば、東京電力の方がお得な場合がありえます。

公式ページボタン

東京電力からもお得な料金プランが提供される可能性がある

東京電力も何らかの対策を打ち出す可能性が高い

 

人 2016年の4月から電力の自由化が始まりますが、新電力が登場するからと言ってすぐに乗り換えると言うのも考えものといえます。新電力各社が低料金プランを打ち出していますが、その低料金のプランに対して東京電力が何も対策をしないという事は考えられないのが実情です。新電力の各社から低料金プランが出されて、ユーザーの動きが見えてくれば、東京電力としても、新電力に負けない低料金プランを打ち出して来ることが当然に考えられます。新電力に一度乗り換えてしまうと、数年間は契約を解除する際には、解除料金が必要になる場合もあるので、すぐに電力会社を乗り換えるのも考えようで、新電力の登場による影響をしっかりと数カ月は見極めてそれから対応を考えるという事でも全く遅くないと言えます。東京電力から新電力に負けない低料金プランが打ち出された場合に、先に乗り換えてしまっていたら失敗したということになってしまうので、東京電力が新料金プランを打ち出さないかという点に注意してしばらく動向を見ておくことが賢い選択だと言えます。企業規模が大きいので東京電力には低料金プランを発表する余力は十分にあると言えるので、期待できると思えます。

公式ページボタン

東京電力は異業種との提携を加速させ、料金メニューも豊富

規模を生かした異業種との提携に注目が集まる!

 

躍進 電力の自由化が決定して以降、東京電力は、異業種との提携を加速させています。ポイントをためることが出来るサービスをやっている事業などと提携を加速させて、電気料金の支払いごとにポイントがたまって、そのポイントで商品を購入できると言ったサービが期待されます。提携が加速していくと、新電力の打ち出す低料金以上にメリットが大きいサービスが出現する可能性があります。また、東京電力は選べる電気料金のメニューが豊富なので、自身の生活スタイルにピッタリと合うプランを上手に見つけることが出来れば、新電力よりお得に利用することが出来ます。土日プラン、お得なナイトプラン、早朝プランなど、頻繁に使用する時間帯によって電気料金が割り引かれるプランなどが充実しているので、生活スタイルによってはベストマッチするプランがあると言えます。新電力は事業規模が小さい企業も多いので、選択できるプランが少ない企業も多いので、プランの組み合わせによっては東京電力の方が料金を安く抑えることが出来る場合が発生します。新電力に乗り換えを考える前に東京電力のメニューの中で自分にベストマッチするお得なプランが無いのかを考えてみる事も大切といえます。

次はこの記事

okinawa-1050504_1280

多彩な料金プランを提供中! 沖縄電力・沖縄本島向け料金プランを徹底解説

目次1 沖縄電力2 4種類の料 ...