energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / 教えて!Dr.サトー!なんでアンペア数を変えるだけで電気代が節約できちゃうの?

教えて!Dr.サトー!なんでアンペア数を変えるだけで電気代が節約できちゃうの?


   

電気のプロ、Dr.サトーが電気の疑問を解決する「教えて!Dr.サトー!」シリーズ。
今回はアンペア数と電気代の関係についてです。

今回の疑問:アンぺア数を下げるとなんで電気代が安くなるの?


アンペア数を下げると電気代が安くなると聞きました。
そんな簡単なことで電気代が下がるなんてちょっと信じられません。
電気代が下がる仕組みを教えてください!

まずはアンペアがどういうものなのか考えてみましょう

アンペアというのは家電などを使う時に流れる電気の量のことです。
ある一定期間に流れる電気の量をkwhなどで表すのとは対照的にアンペアは一瞬のうちに流れる電気の量のことを指します。
基本的には電気の量なので、kwhやw数と比例します。
つまり、ドライヤーや電子レンジなどの多くの電気を使う家電はアンペア数も高くなります。
それをふまえて

もしアンペア数によって電気代が変わらなかったら、上の図のA家とB家は家電を使う量が全然違うのに、電気代の基本料金が同じということになってしまいます。
最終的に1か月に使う電気の量が同じでも、少しずつゆっくり使う家と一気に大量に使う家の待遇を同じにしてしまっては電力会社は困ってしまいます。
なぜなら、電気は発電した量と使われた量を必ず同じにしないといけないからです。
こうして、みんなが一気に大量に使うときとまったく使わない時がないように、アンペア数で制限をかけることになったのです。
アンペア数による制限を強くすればするほど一度に必要な電気の量は減るので、料金も安くなるということなんです。

 

次はこの記事

スクリーンショット 2017-05-12 14.55.02

使えば使うほどお得に!!ユニークな特典がある「東武のでんき」と東京電力を比較してました。

目次1 「東武のでんき」特徴は ...