energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / 夏と冬でエアコンの電気代節約方法は違うの?

夏と冬でエアコンの電気代節約方法は違うの?


   

エアコンの電気代節約術として夏の冷房での節約の仕方をいろいろと紹介してきました。

ざっくり言うと、夏のエアコン節約術は

・温度を高く設定する

・こまめにON/OFFよりも点けっ放しで風量自動

・温度を下げるよりも扇風機併用をする

といったものでした。

 

冬のエアコン電気代節約術は?

基本的には夏と同じ節約方法が通じます。

もちろん、温度は低く、ホットカーペット併用など内容は変わりますが。

実は、エアコンは夏よりも冬の方が電気代が高くなる傾向にあります。

冬にエアコンをメインの暖房として使う方はもう一度エアコンの電気代の節約方法をおさらいした方が良いかもしれません。

ということで、代表的な冬のエアコン節約術をまとめておきます。

もう知ってるよ、という方も多い定番の節約方法ですが、基本的な方法の方が、長続きもするし、効果も高いことが多いですよ。

 

フィルターをきちんと掃除!

長年エアコンを使っているとフィルターにほこりがたまっていきます。

臭いの原因になったり、冷房暖房効果が薄れてしまいます。

結果的には電気代が高くなることにつながってしまいます。

少なくとも季節の終わりにはフィルターを掃除するようにしましょう!

 

実は空気は優秀な断熱材

空気は、動かなければ優秀な断熱材として効果を発揮します。

そこで、カーテンを使って窓近くの空気が対流しないようにしておけば、

カーテンを挟んで冷たい空気と暖かい空気がまじりあわず暖房効果を高めることができます。

 

冬にも扇風機!

窓近くの空気は動かさないようにして、断熱材として利用しますが、

部屋の中の空気はかき混ぜてエアコンからの暖気をうまくかき混ぜましょう。

扇風機やサーキュレーターを使って空気をかき混ぜると暖房効果をうまく高めることができます。

 

夏よりも高くなりがちな冬のエアコンの電気代。

手軽に賢く暖房効果を高めると節約につながります。


 

次はこの記事

850b1e17f50b30f23dabc4aada03f7b9

とろとろ ふわふわ♫話題の台湾かき氷も作れる!?おすすめ電動かき氷器3選

目次1 家庭用の電動かき氷器っ ...