energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / 豆知識 / 北海道で牛の○○を利用した大規模なバイオマス発電計画が進行中

北海道で牛の○○を利用した大規模なバイオマス発電計画が進行中


   

11万頭の牛のフンがバイオマス発電によって綺麗な電気へと生まれ変わります。

北海道東部にある酪農の盛んな街、別海町(べっかいちょう)は人口1万5千人に対し牛の数は11万頭。

1日あたりの牛のフンは280トンにも上ります。

そんな牛のフンを利用した大規模なバイオマス発電計画が進行していました。

別海町と三井造船が共同で「別海バイオマス発電」を設立して20年にも及ぶ発電事業が成される予定です。

地域の酪農家から集めた牛のフンを発酵させバイオガスにした後、発電に利用します。

導入されるバイオガス発電設備の発電能力は1.8MW。

年間の発電量は960万kWhとなり、一般家庭に換算すると約2700世帯にも及びます。

太陽光や水力、バイオマスなどの再生可能エネルギー源を使用して発電された電気を国が指定した価格で買い取る固定価格買取制度を通じて売電し、年間の収入は3億7千万円程度になる見込みです。

別海町は農林水産省が推進するバイオマス産業都市構想の対象地域にも選ばれています。

「別海町バイオマス産業都市構想」の全体イメージはこちら

バイオマス発電
出典:農林水産省

 

その都市構想の中にしっかりと牛が描かれているのが見て取れます。

以前「驚愕の発電方法 トップ5」にも見事ランクインした牛ですが、その時は牛の体温やゲップで発電する方法を紹介しました。

牛がこんなにも発電に一役買っていたなんて正に驚きです。

これからもまだまだ、牛を利用した発電方法が見つかっていくかもしれません。

 


 

次はこの記事

Pasta cooking ingredients and utensils

夏バテをしたくない!冷蔵庫のあの食材で乗り切ろう!!

目次1 健康に配慮した食生活2 ...