energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / 中部電力 / NTTドコモが中部電力、関西電力、東京ガスと提携へ

NTTドコモが中部電力、関西電力、東京ガスと提携へ


   

国内第3の電力会社、中部電力と携帯電話通信の最大手NTTドコモが提携することが29日報じられました。

※2016/1/26 追記
「ドコモでんき」が生まれるのかどうか検証してみました。
「ドコモでんき」は誕生するの?au,softbank,ドコモそれぞれの描く「でんき」とは?
もし生まれるとしたらどんなプランになるのか検証しました。
「ドコモでんき」はこんなプラン。energy-naviが大胆予測

中部電力の大型提携

各一般電気事業者は、2016年4月からの電力自由化後も使い続けてもらうための施策を検討しています。

その一環として各社長期契約を前提としたオンラインサービスを用意しています。

>>電力会社のオンラインサービス比較

今回の中部電力とおNTTドコモの提携はこの無料オンラインサービスに登録した利用者向けのものです。

ドコモポイントがたまるサービス

中部電力はオンラインサービスとして「カテエネ」を提供しています。

カテエネ上では、電力の使用状況が毎月自動で更新され、電気の使用状況を「見える化」して自分のライフスタイルを振り返ることができるようになっています。

今回のNTTドコモとの提携はこのカテエネの利用状況に合わせてドコモポイントがもらえるというものです。

一般電気事業者間でも温度差が

東京大阪名古屋の大都市圏では、数多くの新電力が誕生します。

一般の電気消費者としては、電力自由化後、数多くの選択肢の中から自分に合った電気プランを選ぶことができるようになります。

一方で、一般電事業者は新電力にシェアを奪われる可能性が高いので、顧客流出のための施策を早急に進めています。

>>【第二弾、9月最新版】電力自由化に向けた電力会社の提携まとめ!

東京電力はソフトバンクやTポイント、ポンタポイントと提携し、この中部電力がNTTドコモと提携しているのはそのためです。

3大都市以外の地域では、新電力が大量に誕生するということはありません。

そのため、大幅にシェアを奪われることのない一般電気事業者は電力自由化後様子を見ながら提携を進めるという姿勢のようです。

大都市とそれ以外の地域での温度差が今後も広がっていくかも知れません。

 

ここまでが、2015年9月9日時点の内容でした。
2016年1月29日にNTTドコモは新たな提携と今後の電気事業の方針について発表しました。
次のページでは、提携の詳細・そしてドコモでんきの可能性を解説します。

 

1

 

次はこの記事

バンビシャス奈良 ロゴ

奈良電力&山本商事がバンビシャス奈良がトップパートナー契約

プロバスケットボールチーム・b ...