energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / 一人暮らしの電気代節約ポイント5つ

一人暮らしの電気代節約ポイント5つ


   

一人暮らしはお金が無いため、非常に生活を送っていくために苦労することになります。

どうにかして生活を維持したいと考えているなら、節約生活を考えてください。

電気代を安くする5つのポイント

電気代を節約できるポイントについては、5つの要素を考えていくことができます。

1つはコンセントを抜いて、待機電力をなくすことです。

最低限の数字に抑えることができれば、電気代は微々たる数字ですが減らしていけるようになります。

コンセントを付けっぱなしにしないで、抜いておく癖を付けてください。

2つ目は夜遅くに電気を使いすぎないことです。

夜の電気は昼よりも高く設定されていることが多く、使っていると電気代が多くなります。

夜は使っている家電を減らすようにして、節約が行いやすくしておくと良いでしょう。

3つ目に部屋の温度を上げすぎない、下げすぎないようにすることです。

エアコンが非常に大きな要素となっているのですが、温度を抑えるようにしておくと、より電気代の節約に期待が持てます。扇風機を利用するのもいい方法です。

4つ目にこまめに電気を落としておくことです。

使っている電力を減らすことができれば、電気代は当然減っていくことになるので、負担は軽減されます。

使っていないのに付けていることは避けて、要らないなら電源を落としてください。

最後に外出する時間を増やすようにして、外でできることは外ですることもひとつの方法です。

家にいると電気を良く使ってしまうのであれば、家にいないことで節約することもできます。外で遊んだり、時間をつぶせるようなことがあれば節約は可能です。


 

次はこの記事

スクリーンショット 2017-05-12 14.55.02

使えば使うほどお得に!!ユニークな特典がある「東武のでんき」と東京電力を比較してました。

目次1 「東武のでんき」特徴は ...