energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / トップニュース / 【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?

【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?


   

太陽光発電・風力・水力をメインに事業展開を行う株式会社Looopが、電気料金プランを発表しました。実際にどれほど安くなるのでしょうか。

Looopでんきは基本料金がない!?

家庭向けの電気料金プランとして発表されたLooop「おうちプラン」。使用した電力量に応じて、電気料金を支払う分りやすい料金体系になっています。

実際にどれだけ安くなるのか見てみましょう。

Looopでんき1

出典:Looopでんき

ボタン

実際に比較してみましょう!

今回、比較するのは東京電力「従量電灯B」とLooop「おうちプラン」です。実際の使用量データを使って正確に算出するために、でんき家計簿にある使用量データを基に算出してみます。

条件は、

契約容量:60A

使用量:622kWh(H28/01分)

上記で、スタートします。

電気家計簿3_年間使用

まずは基本料金

まずは、基本料金から比較してみます。と言ってもLooop「おうちプラン」は基本料金がありませんので、東京電力の基本料金を確認してみます。東京電力_基本料

出典:東京電力

東京電力「従量電灯B」60Aの基本料金は、1684.80円でした。当然ですが、この時点で基本料金がゼロのLooopでんきの方が、1684.80円安くなります。

次は電力量料金

まずは、東京電力の電力量料金を確認してみます。東京電力_電力量料金

出典:東京電力

東京電力は、スタンダードな三段階料金が設定されていますね。使った量が増えれば増えるほど1kWhの単価が高くなるものです。

次は、Looopでんき「おうちプラン」

Looopおうちプラン_料金表

出典:Looopでんき

ボタン

Looopでんきは東京電力と違って、電力量料金は1単価しか用意していません。非常にシンプルで分りやすいですね。

実際に計算してみます!

まずは東京電力

■基本料金:60A

1684.80円

■電力量料金

19.43円×120kWh=2331.6円

25.91円×180kWh=4663.8円

29.93円×322kWh=9637.46円

■合計:18,317円

次はLooopでんき

■基本料金:60A

0円

■電力量料金

26円×622kWh=16,172円

■合計:16,172円

 

Looopでんきが、2,145円おトク!ということが判明しました。

もちろん季節や使い方によって、削減額は変わりますが、毎月2,000円程度安くなると、年間で24,000円程度、安くなりますね。

 

電力使用量が多い家庭の場合は大きなメリット!

基本料金がないLooopでんきは確かにおすすめですが、誰にでもおすすめということではないので、注意が必要です。電力量料金だけを見ると、東京電力の1・2段料金よりも高い単価が設定されています。つまり、電気の使用量が少ない方は、割高になってしまう可能性があります。そのため、毎月300kWhを越える電気を使用している方であればメリットが出るので、変更の際には注意してください。

基本料金0プランは、2016年5月末までの申込に限る?

非常に安くなるLooopでんきですが、基本料金が0円となるのは2016年5月末までに申し込んだ方に限るようです。申込状況によっては、機関の延長もありえるようですが、ご興味がある方は早い段階で申込を行った方が良いでしょう。

 


 

次はこの記事

looopロゴ

Looopでんき 販売エリア拡大へ

目次1 Looopでんき 販売 ...