energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 電力自由化解説 / 【特集】電力自由化で変わる電気のサービス

【特集】電力自由化で変わる電気のサービス


   

電力自由化で電気のサービスはどう変わるのでしょうか?

新電力に変えるとどのようなサービスが期待できるのか考えてみましょう。

Webサイトが充実

新電力の中にはWebサイトに力を入れるものが現れます。今までの別のサービスでのノウハウを使って、ネット上で契約を完了できるような形にする新電力も現れることでしょう。

24時間受け付けが可能となり、仕事で忙しい方も簡単に電気契約の切り替えを行うことができるようになります。

また、ネットだけでサービス展開を行うと人件費を削ることができるので、電気料金自体も引き下げることができそうです。

全てネットでというわけではなくても、保険のようにネット申込で割引適用といった形になるかもしれません。

オフラインのカスタマーサービスも充実

ネットで済ませるのが、不安だと感じる方もたくさんいらっしゃることだと思います。

そんな方向けに手厚いカスタマーサービスを行う新電力も現れそうです。

夜までつながるコールセンターや既存の店舗を生かした対面での接客など今までの電力会社にはなかった手厚いサービスを期待できます。

一括請求で支払いのサービス向上

新電力の中には、現在既に月額で何かしらの料金を引き落としている会社があります。

これらの会社はその料金と合算して引き落として一度の引き落としで完結できるサービスを用意すると思われます。

たとえば、携帯会社なら月々携帯料金を引き落としているので、電気料金と携帯料金を合わせて月末に1度引き落とすだけになるということです。

消費者にとっては請求額が分かりやすくなり、手間が省けます。

 越境の引っ越しでも契約切り替えの必要がなくなる!

今までは地域ごとに電力会社がきめられていたので地域を超えて引越した場合には強制的に契約を切り替える必要がありました。

全国で展開している電力会社に限られますが、越境の引っ越しでも契約を引き継げます。

 

このように電気のサービスの向上が期待されています。

<<世界一かんたんな電力自由化講座へ


 

次はこの記事

電球 女 暗い

電力自由化の真実

目次1 まもなく始まる電力自由 ...