energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / ENEOSでんき(JX日鉱日石エネルギー株式会社) / 「ENEOSでんき」は東電より安いのか!?

「ENEOSでんき」は東電より安いのか!?


   

JXエネルギーは14日、家庭用電力「ENEOSでんき」を発表しました。東京電力管内を販売エリアとしてスタートしています。

公式ページボタン

料金プランは「分りやすく、シンプル!」

ENEOSでんきの料金体系は、私たちユーザーには馴染み深い「基本料金・従量料金」で構成されています。

基本料金

アンペア 単位 料金
10A 1契約 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1123.20円
50A 1404.00円
60A 1684.80円
6kVA

(49kVAまで契約)

1kVA 280.80円

従量料金

最初の120kWh 20.76円/kWh
120kWhを超えて300kWhまで 23.26円/kWh
300kWhを超える分 25.75円/kWh

 

東電と比較!従量料金の3段階料金で大きな差が!

JXエネルギーが発表した「ENEOSでんき」。東京電力と比較すると、その安さが見えてきます。現在、東京電力でもっともスタンダードな電気料金プランである「従量電灯B」と比較してみました。

従量料金

ENEOSでんき 従量電灯B(東電)
最初の120kWh 20.76円 19.43円
120kWh~300kWh 23.26円 25.91円
300kWhを超える分 25.75円 29.93円

最初の120kWhまでの料金単価は東京電力が設定している単価よりもENEOSでんきは割高ですが、120kWh以上の単価はENEOSでんきの方が割安になります。

毎月400kWh使う家庭の場合

ENEOSでんき

20.76円×120(kWh)=2491.2

23.26円×180(kWh)=4186.8

29.93円×100(kWh)=2575

合計:9,253円

■従量電灯B(東京電力)

19.43円×120(kWh)=2331.6

25.91円×180(kWh)=4663.8

29.93円×100(kWh)=2993

合計:9,988円

月額:735円 年間:8,824円 ENEOSでんきの方が安い!

ここでは400kWhを例に出して計算しましたが、電気量料金がほぼ同額になる電気量を計算したところ

180kWh使用した場合で

ENEOSでんき: 3886.8円、従量電灯B(東京電力): 3886.2円 となり

180kWh~300kWhの間では1kWhあたり2.65円、300kWh~では1kWhあたり4.18円、ENEOSでんきの方がお得になるため

「月間の電気使用量が180kWhを超える方」はENEOSでんきに変えた場合、安さにおいてメリットしかないのでぜひ確認すべきでしょう!

【最新関連記事】

「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?

 

 

オプションメニューも充実

ENEOSカード割引

ENEOSカードで電気代を払うと、ガソリン・灯油・経由が割引になります。
エネオスカード特典参照:http://www.noe.jx-group.co.jp/denki/benefit/card.html

対象となる方

お客さまは「ENEOSでんき」の電気料金の支払いをENEOSカードに指定の上、割引の登録を行い、ENEOSカードで燃料油の決済をした方になります。

にねん とく2

ENEOS2年割①

ENEOS2年割②
※1

対象となる方

ENEOSでんき」を契約し、にねんとく2割をお申込みされた方。

契約条件

ENEOS加入条件※1

特典やサービスは公式ページで確認しておくべき

2017年からは「ガスの自由化」も開始になり、競争原理はさらに激化され、さらなる特典やサービスの追加も予想されます。

すでに「ENEOSでんき」では2017年1月25日から3月31日までの切り替えで、1ヶ月分の基本料金が無料になる「ためして実感キャンペーン」が開始しています。

こういった「お得」を見逃したり、安易に切り替えて逆に現在より高い!ということにならないように、公式ページのシミュレーションや電話相談を事前にしっかりと行っておくことが大事です。

公式ページボタン

KDDIとの連携も。電力+石油+通信で攻勢

JXエネルギーは、「ENEOSでんき」との発表と併せてKDDIと提携して事業を展開することも発表しています。また、その他クレジットカード会社との提携も進んでおり、「電気+石油+●●」といった提携が今後も広がる可能性もあります。

【※1参照】ENEOSでんき


 

次はこの記事

エネオス 750

石油元売りの最大手・JXがTポイントと提携を発表

目次1 「ENEOSでんき」× ...