energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / お役立ち情報 / Wifi(ワイファイ)と固定回線はどっちがいいの?

Wifi(ワイファイ)と固定回線はどっちがいいの?


   

インターネットを利用するにあたり、Wifiとプロバイダのどちらがいいか聞かれることがあります。実際には、この二つは比較できるようなものではありませんので、まずはWifiとプロバイダがどういったものなのかを理解しましょう!そうすれば何を選べば良いのかわかりやすくなります。

それでは早速、Wifiとプロバイダについてご説明していきます。

インターネットに接続できるようにするサービスがプロバイダ

プロバイダプロバイダは、インターネット回線と一緒に利用して、インターネットと接続できるようにするサービスの事です。ですので、回線とプロバイダのどちらか一つだけを契約してもインターネットは利用できません。どんな通信方法を使っていてもこの決まりは変わりませんので、インターネットを利用する場合には、必ずセットで契約する必要があります。

 

 

 

Wifiは無線通信を使ったインターネット接続方法

無線Wifiは本来無線で自宅内のルータと手持ちのパソコン、スマホを接続する方法なのですが、様々なモバイル業者がWifiを推し進めた結果、インターネットにつなぐ方法として少しわかりにくいものになってしまっています。

 

通常のインターネット接続では、回線とプロバイダを契約し、回線につながれたルータと言う通信用機械とパソコンをLANケーブルで接続する必要があります。このLANケーブルによる通信を無線で行えるようにしたのがWifi(ワイファイ)と言われる方式です。LANケーブルで複数の端末を接続する場合には、ルータからケーブルを各部屋に引き回す必要があり、二階建てや部屋数、端末が多い場合にはとても苦労して配線する必要があります。

Wifiの場合には、無線で接続できるため、ルータを設置して端末を登録すればルータから電波が届く範囲なら自由に接続が可能になります。

という訳で、Wi-Fiとプロバイダの違いについてはわかっていただけたかと思います。

ポケットWifiってなんだ?

Wimaxなどでは、携帯電話と同じようにデータ通信が出来るサービスを行っており、通信用のルータとモバイル端末をWifiで接続するため「ポケットWifi」と呼んでいるのです。その為に、固定回線で接続する場合のプロバイダと、ポケットWifiのどちらがお得か?と言う意味でどっちがいいの?という疑問が多く出ています。

プロバイダを変更するとどうなる?

今契約しているプロバイダがいまいちと言う場合以外にも、契約して長い時間がたっているとプランが変更されたり、料金が高いまま継続されている事があるので、プロバイダを乗り換えた方がお得になる場合があります。ここ数年、通信速度やサービスにかかる値段はどんどん安くなってきており、少し前なら最速だったプランでも、今では普通以下と言う事もあります。今のプランを契約して数年が経過しているのなら、乗り換えてしまった方がお得になる可能性が高いでしょう。

どうやって乗り換える?

縛りプロバイダの変更は、新しいプロバイダとの契約の他に、今まで契約していたプロバイダの解約を行います。携帯電話でも同じような契約があるのですが、プロバイダでもキャンペーンで契約期間が決められており、解約時に余計な費用がかかってしまう事があります。ポケットWifiなどのサービスに多いのですが、通信用のルーターが二年間の契約で0円で購入可能になっているというのを電気屋などで見かけたことは無いでしょうか?

家電製品を購入するのと同時に契約すると割引になるというキャンペーンもあります。どちらも一定期間契約していなければ違約金が必要になったり、そもそも解約が出来ないなどの制限があります。もしすでにこのようなサービスを受けているなら、解約しても大丈夫か確認しておいた方が良いでしょう。

新しいプロバイダに加入する場合にも、契約で縛られる期間や、合計の費用でどの程度の得があるかどうかしっかり調べておきましょう。

ポケットWifiの場合には、住んでいる場所や使う場所、時間帯によって通信速度が下がったり、最悪接続できないなどの問題が起こりやすいので、安易に契約してしまうと使い物にならない回線を解約もできずに持ち続けることになってしまいます。

また、契約変更後はプロバイダのメールアドレスが使えなくなってしまいますので、あらかじめ連絡先を教えておくか、暫くプロバイダを二つ使うか、元のプロバイダとメールアドレスだけの契約をするなどして対処します。


 

次はこの記事

SIM

格安SIMの種類を把握しよう!

目次1 データ専用と音声通話、 ...