energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / あなたにおすすめのプラン / Looopでんきは基本料金がゼロ?シンプル料金体系を徹底解説〜他エリアの電力会社と比較してみました〜

Looopでんきは基本料金がゼロ?シンプル料金体系を徹底解説〜他エリアの電力会社と比較してみました〜


   

みなさんは基本料金がない電力会社があるということをご存知ですか??

2016年の電力自由化に伴って新たに提供が始まった新電力会社の中のひとつである「Looopでんき」です。

今回はそんなLooopでんきにスポットを当てて、料金体系について詳しく解説していきます。

Looopでんきとは?

Looopでんきとは、株式会社Looopが提供する新電力です。

名前を聞いてもあまりなじみがない方がまだまだ見えるかもしれませんね。

実はこの会社、東日本大震災の際に太陽光発電(独立型ソーラー発電セット)を無償設置するボランティア活動が発端となって設立されたのです。

そのため、太陽光発電システムの開発や販売、独立型太陽光発電システムに関連する事業が主軸となって展開されています。

また、太陽光の他にも風力や水力といった自然エネルギーがメインとなっています。

2011年に設立されてから2015年には法人向けの販売サービスを開始、2016年には一般家庭向けの販売サービスを開始しました。

まだまだ設立から6年ほどの新しい企業ですが、契約件数はどんどん増え続け、現在では約40,000件の実績を誇ります(平成29年3月時点)。

提供エリアはほぼ日本全国!!

提供エリアも、沖縄離島を除いたほぼ日本全国エリアに提供しています(平成29年4月11日より)。

販売エリアが広いということは、消費者にとっても安心感が生まれます。

エリアに含まれているのなら、是非検討してみたいと思うご家庭もあるかもしれませんね。

では以下より、料金やその特徴についてお話しします。

Looopでんきは基本料金ゼロ!〜とてもシンプルな料金体制〜

Looopでんきは基本料金がゼロなのは本当です!

通常の電力会社は電気料金は基本料金+使用料金となります。

しかし、Looopでんきのでんき料金は使用料金のみなので、基本料金という固定料金がありません。

例えば東京電気であれば3人世帯のお家で、基本料金だけで年間13200円〜16800円程度を電気を使用していなくても支払うことになります。

しかし、Loop電気基本料金が0円なので、使った分だけ、支払うということになります。

エリア 従量料金(ビジネスプラン) 従量料金(おうちプラン)
北海道電力 31円(税込) / kWh 29円(税込) / kWh
東北電力 27円(税込) / kWh 26円(税込) / kWh
東京電力 27円(税込) / kWh 26円(税込) / kWh
中部電力 27円(税込) / kWh 26円(税込) / kWh
北陸電力 22円(税込) / kWh 21円(税込) / kWh
関西電力 26円(税込) / kWh 25円(税込) / kWh
中国電力 25円(税込) / kWh 24円(税込) / kWh
四国電力 25円(税込) / kWh 24円(税込) / kWh
九州電力 24円(税込) / kWh 23円(税込) / kWh

https://looop-denki.com/low-v/plan/公式サイトより出典

*事務所・商店・飲食店向けは「ビジネスプラン」、一般家庭向けは「おうちプラン」。

使った分だけ払うという形だからとても分かりやすく、現在の電気使用量がわかればすぐに料金比較が可能です。

Looopでんきがお得になるエリア、ベスト5

3人世帯(マンション)の月々の電気料金(従量電灯B・40A・月に520kWh使用したと仮定)と比較して各地域の電力会社と比較して、Looopでんきがお得になるエリア、ベスト5を公式サイトを参考にランキングしてみました。

出典:https://looop-denki.com

1位、関西電力エリア 〜年間約28400円お得に〜

スクリーンショット 2017-06-14 16.00.30

2位、北海道電力エリア 〜年間約22100円お得に〜

スクリーンショット 2017-06-14 16.00.50

3位、四国電力エリア 〜年間約17500円お得に〜

スクリーンショット 2017-06-14 16.12.38

4位、中国電力エリア 〜年間約14800円お得に〜

スクリーンショット 2017-06-14 16.15.33

5位、東京電力エリア 〜年間約14700円お得に〜

スクリーンショット 2017-06-14 15.59.59

 

Looopでんき+(プラス)とは??〜自然エネルギーに特化したプラン〜

さらに、東京電力パワーグリッド、中部電力、関西電力エリア向けのサービスとしてLooopでんき+(プラス)というお得なサービスもあります。

Looopでんき+ソーラー割は、住宅用太陽光発電システムを持ってみえる方が対象で、自宅で発電した余剰電気をLooopに供給する契約をすることで、通常従量料金より1円安くなるプランです。

また、Looopでんき+Looop Home割は、Looop住宅用太陽光発電システムであるLooop Homeを購入された方についてLooopでんき+ソーラー割よりさらに1円安くなるプランです。

自然エネルギーに特化した株式会社、Looopだからこその割引プランといえるでしょう。

これから太陽光発電システムを検討してみえる方は、併せてLooopでんきもぜひ検討してみるといいかもしれませんね。

Looopでんきに向いているご家庭・向いていないご家庭とは?

Looopでんきの最大の特徴は、基本料金がゼロなところなのですが、この料金プランがメリットとなる場合、デメリットとなる場合があります。

基本料金がゼロだから安くなる!と安易に乗り換えてしまって後々になって思っていたのと違った…ということがないように、向き・不向きについてまとめましたので参考にしてみてください。

Looopでんきに向いているご家庭

・契約プランの基本料金が高い(A数が大きいほど基本料金は高い)

・大人数世帯なのに電気の使用量はそれほど多くはない

・太陽光発電システムをすでに契約している・契約を検討している場合

・とにかく複雑な料金設定が嫌い!シンプルに電気代を節約して安くしたい場合

Looopでんきに向いていないご家庭

・現在の契約が30A未満である(契約プランの基本料金が安い)場合

・現在の契約が30Aでも使用量が少なめな場合

・同じくらいの家族世帯と比較して電気をたくさん使用している場合

・太陽光発電以外の他社のセット割を使って全体的に電気量をお得にしたい場合

Looopでんきは解約違約金がかからないのも魅力的です。一度検討してみる価値はありそうです。

まとめ

電力自由化に伴った電力会社の切り替えは、全国的に見ても少し落ち着いてきている状況かもしれません。

しかし、それぞれのご家庭にぴったりな料金プランがある新電力会社を、まだまだ知らないだけの方もたくさん見えることでしょう。

今回はLooopでんきについてスポットを当ててみましたが、まずはご家庭の電気の使用状況をよく把握したうえで、節約できる時間帯や家電類はないか、全体的な節約ができそうな料金プランはないか、今一度考えてみましょう。

 

次はこの記事

hydroelectric-power-station-1264100_1280

自然エネルギー100%の電気 東電エコロジープラン「アクアエナジー100」を徹底解説

目次1 アクアエナジー100、 ...