energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / トップニュース / Looopでんき 販売エリア拡大へ

Looopでんき 販売エリア拡大へ


   

Looopでんき 販売エリア拡大へ

「基本料金なし」「従量料金均一」「契約期間/解約金なし」の『Looopでんき』。現在は、東京電力、中部電力、関西電力管内の3エリアを提供エリアとしていましたが、9月より順次提供エリアを拡大する事を発表しました。

新たに4エリアを追加

北海道電力・東北電力・中国電力・九州電力に提供を開始

提供エリア 申込開始
北海道電力 2016年11月9日
東北電力 2016年9月9日
中国電力 2016年12月9日
九州電力 2016年10月9日

既に提供している3エリアと上記4エリアを含め、7エリアでの提供を開始します。

申込開始時期は、秋口以降に順次開始されるスケジュールになっていますね。ちょうど、寒くなってきてエアコンなど電気代が気になる季節に、Looopでんきの選択肢が増えるというのは、私たちユーザーからすると嬉しいニュースです。

 

地域電力会社との料金を比較

冒頭、お伝えした通り『Looopでんき』の大きな特徴は3つあります。その内、最も関心が高い料金に対して、一般電気事業者の料金と比較してみます。

九州電力(従量電灯B) Looopでんき
基本料金(50A) 1,458円 0円
従量料金 1段階料金 17.13円 23円
2段階料金 22.63円
3段階料金 25.57円

 

東北電力(従量電灯B)

Looopでんき
基本料金(50A) 1,620円 0円
電気使用量料金 1段階料金 18.24円 26円
2段階料金 24.87円
3段階料金 28.75円

※電気使用量料金に関して
九州電力・東北電力ともに、「1段階料金 最初の120kWhまで」「2段階料金 120kWh超過300kWhまで」「3段階料金 300kWh超過分」に設定されています。

基本料金がないのはやっぱり大きい

Looopでんきは電気使用量料金だけを見ると、九州電力・東北電力が設定している2段階料金と3段階料金の間くらいの料金設定になっていて、そこまで割安感は感じませんね。

ただし、Looopでんきは基本料金がないんです。その為、かなり割安に使えるにが実情です。

基本料金

電力量料金 合計
九州電力 Looop 九州電力 Looop 九州電力 Looop
100kWh 1,458円 0円 1,713円 2,300円 3,171円 2,300円
200kWh 1,458円 0円 3,866円 4,526円 5,324円 4,526円
300kWh 1,458円 0円 6,129円 6,900円 7,587円 6,900円
400kWh 1,458円 0円 8,686円 9,200円 10,144円 9,200円
500kWh 1,458円 0円 11,243円 12,701円 12,701円 11,500円

どの料金帯でもLooopでんきが安い結果になりましたね。上記は、あくまで目安で燃料費調整額などの各種調整費を考慮していないので、その点考慮してください。

更におトクなキャンペーンも!

LooopCP

東北電力管内のお客様限定のキャンペーンになります。

LooopCP2

電気需要が高まるこの時期に検討を!

今回はLooopでんきを取り上げてみましたが、他にもおトクな電気料金プランを発表している電力会社がたくさんあります。是非、ご自身に合った電力会社・プランを見つけてみてください。

 


 

次はこの記事

dining-1809845_1280

キッチン家電だけで年間1万円以上の節約!!少しの工夫で無理なく簡単に節電!

目次1 節電を始めるなら冷蔵庫 ...