energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / お役立ち情報 / シャープの空気清浄機なら花粉症に辛い方にもおすすめの機能満載!

シャープの空気清浄機なら花粉症に辛い方にもおすすめの機能満載!


   

スクリーンショット 2017-04-04 14.05.27

季節が冬から春に移り変わるこの時期、花粉症でお悩みの方にはつらい毎日ですね。

しかし、こんな時期こそ空気清浄機が大活躍してくれます。

今回は花粉症対策・PM2.5対策にもなるシャープの空気清浄機の機能に注目してみました。

以下はKI-GX100」(プレミアムモデル・プラズマクラスター25000/おすすめ畳数:26畳)を参考にシャープで現在(2017年3月)取り扱いのある空気清浄機のほぼ全般に搭載されている機能ですが、もちろん例外もありますのでご注意下さい。

シャープといえばプラズマクラスター

スクリーンショット 2017-04-04 14.06.31

プラズマクラスターとは、シャープの代名詞ともいえる機能です。

プラズマ放電により活性酸素を発生させて、プラス(水素イオン)とマイナス(酸素イオン)のプラズマクラスターイオンを作り、空気中に放出することで空気を綺麗にしてくれます。

効果としては、

1、空気の汚れを浄化する(カビ・ウィルスの除菌・増殖・作用の抑制に効果を発揮)

2、静電気を抑える

3、いやな臭いを分解して消臭する

4、お肌につやを与えてくれる(プラズマクラスター25000)

など、空気の汚れ以外にも効果がぎっしり詰まっています。

また、プラズマクラスターには機種によって25000と7000が搭載されています。

このふたつの違いはイオン濃度です。そのため25000の方がより効果も高く、付着臭の脱臭スピードは約1.6倍、静電気の除電スピードは約5倍も速いです。

また、25000については、お肌のツヤやはりに効果があるので、女性にとっては嬉しい機能ですね。

シャープの空気清浄機は花粉にトリプルアタック!PM2.5対策にも!

スクリーンショット 2017-04-04 14.12.48

上記のプラズマクラスターの機能で、花粉対策もバッチリできます。

花粉の付着を抑える

花粉を集める

花粉をキャッチする

この3つが花粉にトリプルアタックして撃退してくれるのです。

静電気で花粉付着を抑える!!

スクリーンショット 2017-04-04 14.06.47

まず、プラズマクラスターの静電気を抑える効果により、壁やカーテン、衣服などへ花粉が付着するのを抑え、素早く吸引してくれます。

静電気があると小さな紙が肌にくっついたりしますが、これと同じで花粉もつきやすくなります。

もちろん部屋全体にも同じことが言えます。

静電気と花粉とはあまり関係性がないように思われますが、花粉のような小さい物質ほど静電気に影響されてしまうのですね。

花粉を自動で感知してしっかり吸引!!

部屋中に風の流れが素早く行き渡る「スピード循環気流」によって、部屋全体に散らばった花粉を巻き上げて集め、素早く吸引してくれます。

外出から帰った際や店舗へ入店した際、空気清浄機が大きな音で稼働しているのは、こうした外からの花粉やウィルスを吸引してくれているのです。

ちなみに空気清浄機は背面で吸引しますので、壁にぴったりつけているとうまく機能が働きませんので、壁から3センチ以上離して使用するようにしましょう。

静電HEPAフィルターで逃さずしっかりキャッチ!!

シャープの空気清浄機には3つのフィルターがありますが、そのうちのひとつが静電HEPAフィルターで、これが花粉やPM2.5に効果を発揮してくれます。

0.3μmの微小な粒子を99.97%以上集じんできる機能を持ち、静電気を帯びているので目詰まりもしにくく細かい粒子をしっかり吸着させる特長があります。

ちなみにPM2.5とは、2.5μm以下の微小粒子状物質のこと。花粉は約30μmなので、相当小さい物質なのですが、静電HEPAフィルターならしっかり吸着してくれます。

花粉だけでなく、近年日本でも心配になってきているPM2.5対策にもなるので、空気清浄機があるとそれだけでも安心感が持てますね。

空気清浄機は電気代も安いから体にもお財布にも優しい

空気を常に綺麗に保つためにも、空気清浄機は1日中稼働させることが大切です。

そのため、毎日24時間つけっ放しでは電気代が相当かかるのでは?と心配される方も少なくありません。

しかし、実際はとても低ランニングコストな電化製品なのです。

シャープの空気清浄機「KI-GX100」(プレミアムモデル・プラズマクラスター25000/おすすめ畳数:26畳)を例にすると、1日中運転させていたとしても電気代は約4.8円です。(加湿入・静音運転時。目安単価27円/kWhで算出)

花粉症で辛くて毎日1箱のティッシュを使った場合、1箱60円で計算しても1か月約1,800円かかります。

電気代とティッシュを比較するのはおかしいですが、花粉症で毎日辛い思いをするくらいなら、空気清浄機を置いて快適な毎日を過ごせるほうがいいと思いませんか?

まとめ

筆者も空気清浄機の使用者ですが、とても快適に使用しています。

空気清浄機の良さは、花粉症やPM2.5、空気中のウィルスや見えない塵・ほこりに効果的であるだけでなく、赤ちゃんや子供・お年寄りや動物が室内にいても安心して使うことができます。

例えばストーブや扇風機などは、ケガなどにつながる危険性も秘めている家電なので、直接手に触れないよう対策をしっかりしておく必要があります。

しかし空気清浄機の場合は、万が一倒してしまうと水漏れをしてしまうなどの注意は必要ですが、ケガの要因となるようなものがありません。綺麗な空気・加湿された空気が出ているのですから、近寄ってもむしろ快適な気持ちになるので安心して使えます。

まだご家庭に1台も持ってみえないのでしたら、1度空気清浄機を購入してみるのもおすすめです。

画像引用及び参考サイト
http://www.sharp.co.jp/kuusei/
http://www.sharp.co.jp/kuusei/feature/kigx/air/index.html#sub05
http://www.sharp.co.jp/plasmacluster/

次はこの記事

デフォルトアイキャッチ_2

エアコン清掃、自分でできる?大手3社の業者清掃と比較しました。

目次1 自分でやる場合のメリッ ...