ƒ
energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / ドライブレコーダー!設置方法、費用、意外な機能をご紹介します!

ドライブレコーダー!設置方法、費用、意外な機能をご紹介します!


   

miniature-1802333_1280
みなさんドライブレコーダーはつけていますか?

そもそもドライブレコーダーとは何?必要なの?設置方法は?購入金額は?疑問は多くあると思います。

今回は前途したことに加えて、意外な活用法までお話しします。

そもそもドライブレコーダーとは何か?

ドライブレコーダーは常時稼働していますが、一旦自動車の中に設置してしまえば事故や交通上のトラブル、ドライブレコーダー自体の故障がない限り、触る事がありません。

最近高速バス・路線バス・タクシー等に「ドライブレコーダー録画中」「防犯カメラ作動中」等の表示が出ています。これは、万が一の事故や交通上のトラブル発生時に自動車の運転している状況を常時録画・録音しているものです。

事故や交通上のトラブルの時に、「あった」「なかった」等の当事者間での食い違いが必ずと言って良いほど発生するので、本当にそのような事実があったのか?

そもそもなんで事故やトラブルに発展したのか?と言う事がすぐにわかる「有力な証拠」となるのです。

ドライブレコーダーの機能

Print

一言でドライブレコーダーと言ってもいろんな機能が搭載されており、上位機種ほどそれが多くあります。

基本的には自動車運転中の模様を録画・録音するものですが、これに加えてGPSを活用して、速度や場所も記録出来る機種や加速度センサーにより、事故が発生した時に自動で録画・録音するといった機能もあります。

当然、搭載機能が多ければ多いほど購入費用は高くなります。

録画・録画機能

写真を撮影するデジカメや一眼レフ、動画撮影するビデオカメラでは画質容量を高くすればハッキリ美しく写った(映った)写真・動画が撮影できる一方、撮影できる枚数・時間が少なくなり、パソコンに移動させた時にCドライブやDドライブの容量を減らす原因となります。

画質容量を低くすればこの逆になるため、これを高くする・低くすると言うのは使用する人の好みや考えによるもので左右されると言って良いでしょう。

これはドライブレコーダーでも同じで、画質容量を高くする、低くする事が可能です。

具体的には、設定時に概ね「FULL HD」「HD」「VGA」の3種類(機種によっても異なる)が選択できます。

FULL HD

「FULL HD」は高画質撮影を意味します。周囲の自動車のナンバープレートまで鮮明に撮影する事が出来て、万が一の事故やトラブルの際にも明確に状況を記録する事が出来ます。

リンクしたオーバックスホームページでは200万画素と記述してありますが、最近(2017年9月)は1000~1500万画素のドライブレコーダーが多数あって、しかも安価な価格で購入できます。

画素数が高すぎるため、信号機が実際には点滅していないのに再生動画では点滅しているように見える事、青空が実際に目視した見え方よりも濃く映る事、そして画質容量が高いためすぐに後術するSDカードがいっぱいになってしまいます。

HD

「HD」は高くもなく小さくもない普通程度の画質と考えて良いです。ただ、前述の「FULL HD」よりは多少鮮明ではないため、夜間や死角からの自動車や人が撮影できない可能性があります。

VGA

「VGA」は最も低い画質容量で撮影している事になります。

メリットは長時間撮影可能でSDカードに最も多くの動画を撮影可能です。一方で再生動画を見ると不鮮明な部分も多くて、前車のナンバープレートや道路標識等の細かい文字が昼間でさえも明確に撮影出来ていない事が多いです。なんとなく周囲の様子がわかる程度です。

SDカードが必須

録画・録音はドライブレコーダー本体に挿入するSDカードで行います。本体で録画・録音できる機種もありますが、撮影可能な時間は大幅に限定されます。

ドライブレコーダー購入時は、本体やその他付属品(電気を供給するシュガーソケット等)に加えて、SDカードが必須になります。

使用継続するとSDカードが容量いっぱいになりますが、大抵の機種ではいっぱいになった時点で自動的に古い画像を上書きして新しい画像を保存するため、手動で削除する必要はありません。

但し機種や設定によってはそれが出来ず、手動で削除しないといけない場合もあるため注意が必要です。

オプション機能

前途したように、機種によっては録音・録画のみでなく様々な機能があります。また、タクシーやバスなどの交通機関には一般のドライブレコーダーにはついていない特殊な機能が付いています。

G(加速度)センサー

事故の際には、大抵が大きく車内が揺れて、衝撃を受けます。Gセンサー搭載のドライブレコーダーでは、この前後数十秒~数分程度(機種や設定により異なる)は必ず録画・録音出来るようになっています。SDカードの容量がいっぱいになっても上書きされる事はなく、その映像を確実に保存されます。

フレームレート

1秒間に撮影するコマ数の事です。単位はfpsです。数値が大きいほどなめらかな画像になり、逆にそれが小さいとパラパラ漫画のようになります。数値が多いと撮影出来る容量が大きくなるため長時間録画・録音は出来なくなります。

速度や場所を記録する機能も

高価な機種になれば、単に録画・録音だけにはとどまらず、走行中の速度や場所も記録できます。

法定速度を無視した速度超過による原因が事故になっている事も多く、事故ではなくても警察の検問で速度超過を指摘された際に実際に何キロで走行していたのかを明確に残す証拠としても活用出来ます。

録画・録音していても、そもそもどの地点を走行しているのか?わからない事がほとんど。遠方の見知らぬ土地であればなおさらです。そこで、GPSとも連動して録画・録音された画像がどの辺りを走行していたのかと言うデーターを地図表示出来る事も可能です。

あるバス会社では、本社からリアルタイムでドライブレコーダーの画像を確認、現在位置の把握が可能になっているため、状況に応じた運行管理も実施していますが、これを整備するには高額な費用が生じるため、ここまでやっているのは一部に留まっています。

さらにバスやタクシーの場合、旅客が車内事故(転倒、痴漢、スリ等)に遭遇する事も珍しくないため、防犯カメラの代用として活用される事もあります。バスで痴漢があった際に、車内のドライブレコーダーで撮影された画像を警察に提供しこれが証拠になって被疑者が検挙された実績もあります。

ドライブレコーダーの選び方のポイント

ドライブレコーダーを購入する際にいろいろと気になる事があります。
まずは、どうやって選ぶのか?その基準になる事を示します。

前途した「画像の質」と「オプション機能の有無」によりバランスで考えます。

これら全部出来る機種もあれば、一部しか出来なものもあるし、全てできない機種もあります。高性能・低性能の見極め方は下記表のとおり。

高性能(高額) 一般的 低性能(安価)
高画質 ○~△ ×
Gセンサー △~× ×
GPS受信 △~× ×

肝心な画像については、一般的なグレードでもしっかりとは録画・録音出来るものの、付属機能であるGセンサーやGPS機能については、搭載されていないか、搭載していても満足できない事があります。

これはオートバックスのホームページを参考にしているので、売り手の立場としては当然高性能を勧めたい意図が伝わってきます。
では、低性能でも玩具同然のガラクタなのか?と言うと、案外そうではなくて、ドライブレコーダーの肝心な画像の録画・録音は当然出来て、パソコンやスマートフォン等の他のデバイスで再生・保存も可能です。

あくまでも低性能な機種と言うのは、最低限の機能しか搭載していないと考えるべきです。

購入方法、購入費用は?

購入方法

ドライブレコーダーは自動車部品の一種のため、オートバックスやイエローハット等のカー用品店、各自動車メーカーのディーラーでしか販売していない印象があります。

ただ、最近はここに限らず、アマゾン等のネット通販、家電量販店、ホームセンターでも販売しています。特にアマゾン等のネット通販では海外メーカーの機種を含めて多種多様なドライブレコーダーが販売されており、見ていて迷うほどです。

基本的にはドライブレコーダー本体のみの販売で、SDカードは別途購入です。両者が内包されているケースは少ないので注意が必要です。

意外な所ではJAF(日本自動車連盟)の通販サイト(JAF会員に提供される「JAFメイト」と言う会報誌にほぼ毎回宣伝が出ている)でも直接販売しており値段は高いですが、かなりの高性能です。

購入金額

一見すると高そうに見えるドライブレコーダーですが、金額だけで見てしまえば3,000円以下で購入出来るものも多数あります。3,000~5,000円と言う範囲に拡大すると、もっと増えます。売れ筋商品もこの値段帯が多いです。

撮影できる画素数は最大で1000~1200万画素で、実際に撮影した画像を見ると高鮮明です。安いからと言って肝心な録画・録音が出来ていない、映り方が悪いと言う事は少なくなっています。

Gセンサーや自動車を駐車している時の監視機能(車上荒らし対策に有効)も搭載されている事が多いです。

一方で、GPS機能となると搭載されていない事が多く、これは高額な機種に限定されています。

また、前述のとおりSDカードは別途購入になるため、実質的な購入費用はドライブレコーダー本体+SDカードの代金約2,000円前後が加算された金額です。

設置はとても簡単

カーナビやETC車載器は自動車に設置する事がとても大変です。どこから稼働させるために必要な電源を確保するか、配線も必要なためどこにどのように通すのか、専門的な知識や技術が必要になる等あります。

ドライブレコーダーの設置は、単に本体を自動車の前面窓ガラスに貼り付けるだけです。貼り付け方法としては、吸盤によるものと粘着テープによるものがあります。どちらになるか?は機種により異なります。

設置のポイントは電源の確保

単に貼り付けるだけならば、誰でも簡単に出来ますが、問題は電源をどうやって確保するか?

自動車には電源を確保出来るシュガーソケットがあって、スマートフォン等の充電に活用しているケースが散見されますが、ドライブレコーダーについてもこれを活用します。

シュガーソケットの差し口は1ヶ所しかない事が多いため、複数の電源が確保出来るようにする専用のたこ足配線を活用(100~2,000円程度で購入出来て、コンビニや100円ショップでも販売している)。

電源を確保した後、配線は基本的に「裏取り配線」と言って前面のコンソールボックスを開けて、この内部に通します。通した後はコンソールボックスを閉めてしまうので、見た感じ配線は隠れてしまいます。

そのため、見た目は何も配線が通っていないように見えるため、スッキリとした印象です。それでも、それなりの知識や技術、工具が必要になる事があるため、自分では出来ないと思った場合はオートバックスのような自動車整備工場に依頼するのが無難です。但し、工賃(作業代)がかかります。

意外な活用方法は?

それはドライブの記録として保存・活用する事です。

最近はスマートフォンの普及で旅行やニュースになるような出来事、忘れてはならない事を記録しておくために、その事実を写真や動画で残す事が当たり前になっています。

自動車で運転している様子を記録しておくのがドライブレコーダーの役割ですが、「そもそも通った道に何があるのか?」「運転中に見た素晴らしい景色をもう一度見たい」「事故にはならなかったが危うく事故になりそうだった。何が原因か知りたい」「曲がる場所をいつも間違えるので、目印を見つけておきたい」と言った形で活用する事が出来ます。

スマホやPCで動画再生ができる

ドライブレコーダーで撮影した動画は、SDカードをパソコンやスマートフォンに差し込めば、再生と保存する事が可能です。

ドライブレコーダーにそのままSDカードを挿入したままだと、いつかは消えてしまいます。消えないようにするためには、帰宅後速やかにパソコン等に動画を移動させるようにする事と、長時間のドライブの場合は出発直後の内容が消えてしまう事もあるため、SDカードの容量(何分間撮影可能か)把握する事が大切です。SDカードは何枚か持っていれば、入れ替えて使用する事で長時間録画・録音が出来ます。

Youtubeにアップロードも!

また、Youtubeにドライブした動画も多数アップロードされています。

例えば、「ビーナスライン(長野県)のドライブ動画」と称して起点から終点まで全て撮影して、それを公開すると、これからビーナスラインをドライブしたい人にとってはかなり有力な参考になります。

ただ、等速でアップロードすると、時間が長くなって見ている方も飽きるので、2倍速や4倍速、10倍速と言った早送りした状況にして、右左折する交差点の名前、トンネルや橋の名前、道路標識(「○○まで何キロ」等)の拡大表示、その道路の特徴や注意点を解説したテロップを入れる等するだけで、だいぶ見応えのある動画に仕上がります。

Youtubeでは、例えば「ビーナスライン」以外にも、「国道1号線」とか「東名高速道路」等の主要の国道や高速道路名を検索窓に入力すると、このようなドライブ動画が多数出てきます。「車載撮影機」等と称していますが、すなわちこれがドライブレコーダーの事です。

メリット、デメリット

ドライブレコーダーのメリット、デメリットをまとめると下記の通りです。

メリット

◆事故や交通上のトラブルの時に有力な証拠になる

◆旅行やドライブの記録としても活用出来る

◆GPSとも連動した機種は撮影場所の地図表示も可能

◆最低限の機能に限定すれば5000円もあれば購入可能

デメリット

◆最低限の機種は録画・録音出来るだけで、GPS機能は存在しない等、機種やグレード等により使用できる機能に大きな差がある

◆ドライブレコーダー本体以外にも付属品(SDカード、シュガーソケット、パソコン等)を用意しないと実質的には稼働させる事が出来ない

◆機種や設定によっては上書き消去出来ないため、SDカードがいっぱいになると手動で消去しないといけない事、消去するまでの間は新たな録画・録音が出来なくなる

◆バス、タクシーの場合、防犯カメラも兼ねているので、乗車中は常に監視されている事になる

まとめ

traffic-sign-6771_1280

今や自動車にも必要不可欠となったドライブレコーダー。カーナビはスマートフォンのアプリで代用可能です。

ETCについては高速道路を使用しなければ不要で、時々しか使わない時も現金等で通行料金を払えば代用可能。代用出来ないのがドライブレコーダーで、正確にドライブ中の記録を残すためには必要不可欠と言えます。

事故や交通上のトラブルでは、有力な証拠になる事も多いため、安全運転を行うためにも、ぜひ設置しておきたいものです。

節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!
  • ■忙しくて節電、節約している時間がない
  • ■続けることが出来ない
  • ■何をしたらいいかわからない

そんな方はまずは電力会社を変更してみてはいかがでしょうか? 簡単な手続きで年間で2万円〜3.5万円節約できるケースも少なくありません。

  • ◇電気の安全性はこれまでと変わらない
  • ◇簡単な手続き、初期費用など無し
  • ◇5分程度で料金シミレーションが出来る。

まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。

以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。



【Looop でんき】 

〜全国対応、シンプルに電気代が安い〜


スクリーンショット 2017-09-25 14.56.37
オススメポイント

  • ◇基本料金0円
  • ◇解約違約金0円
  • ◇シンプルに電気代が安い
  • ◇2〜3人以上の世帯は特にお得になる!

紹介記事

1、Looopでんきと全国の電力会社と比較してみました〜

2、関西在住者必見!関西電力、大阪ガス、Looopでんきの電気代を比較しました。


looopでんき エリア

Looopでんき 公式ページで料金シミレーションで比較する⇨

looopでんき log

【東京ガス】

〜豊富なセット割で利用者80万人超え〜

東京ガス

オススメポイント
  • ◇ガス+インターネットなどの豊富なセット割
  • ◇登録件数80万超え
  • ◇充実のサポート制度

紹介記事

東京ガス 電気+ガス+インターネットの三位一体割引!


東京ガス エリア

東京ガス公式ページで料金シミレーションで比較する⇨

東京ガス ロゴ

【ENEOSでんき】

〜ガソリン、灯油、経由がお得に〜

エネオスバナー

オススメポイント
  • ◇ガソリン、灯油、経由がお得に
  • ◇長期契約割引
  • ◇Tポイントがたまる

紹介記事

「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?

東京ガス エリア

ENEOSでんきの公式ページで料金シミレーションで比較する⇨

エネオスでんき log

次はこの記事

スクリーンショット 2017-09-15 18.50.09

関西在住者必見!料金改定後の大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!

目次1 この記事を読まれる際の ...