energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 豆知識 / 車内熱中症とエアコンについて

車内熱中症とエアコンについて


   

車内熱中症とは?

熱中症というと、日差しの強い暑い日に屋外でかかってしまう症状だと思われがちですが、実は車内においても熱中症になってしまうケースが非常に多いのが現状です。そんな身近に起こりうる車内熱中症について詳しくみていきましょう。

車内はこんなことになっている

車内熱中症が最も発生しやすい状況としては、旅行シーズンや帰省ラッシュの時期に怒りやすい道路の渋滞時が挙げられます。季節的には5月のゴールデンウィークから、7月~8月の夏休みの長期休暇のシーズンに多く見られます。暑さにより体の水分が奪われるだけでなく、渋滞時の車内の状況というのは、実はエコノミークラス症候群がおこりやすい飛行機に搭乗している時と似たような状態で、熱中症を誘発しやすい環境にあるといえます。

渋滞時の車内では、身動きがとれず血流が悪くなりがちです。更に暑さゆえに車内を密閉し、エアコンを使用するために、車内は乾燥しています。外からの日差しと、車内の乾燥、密閉された空間、身動きの取れない状況、これらの条件がそろうと、脱水症状が引き起こされる危険性が非常に高まります。

更に車を運転しているドライバーは、その他の同乗者よりも熱中症にかかりやすい傾向にあります。運転中は非常に神経を使い、精神的な疲労がたまっていきます。そのような状況下では、人間の体温調整機能は正常に機能しにくくなってしまうこともあり、ドライバーは脱水状態に陥りやすいといえます。

室内でも熱中症対策を

こんな症状に注意

気がついたら熱中症にかかっていた、というように、症状の進行がわかりにくいのが車内熱中症の特徴でもあります。症状を悪化させないためにも、出来るだけ早い段階での対応が大切となってきます。まず初期の脱水症状の特徴からみていきましょう。まず肌のべたつき、体のだるさ、体のふらつき、このような症状が現れた場合は、既に初期の脱水状態にあるといえます。

このような症状が現れたら、すぐに水分補給をしてください。その他の症状としては、車内のフロントミラーやバックミラーなどで確認することも可能です。脱水症状は口の中にも現れます。鏡で口腔内を確認して、乾燥していたり、舌が白く濁っている場合は脱水のサインです。

また脇の下が乾燥し冷たくなっている、手足の冷え、集中力がなくなってくる、手足の筋肉がつる…これらの症状も、初期の脱水状態の特徴です。症状が軽いうちに、水分補給をして対策を行いましょう。

It is an illustration of the likely elderly become heatstroke in the heat.

これで対策!

さて車内熱中症が起こりうる可能性と、危険性についてお分かりいただけたかと思います。次に車内熱中症の対策についてご紹介します。

エアコン

エアコンで車内を涼しくしていれば車内熱中症にはかからないかというと、必ずしもそういうわけではありません。エアコンの使い方一つで車内の環境は大きく左右されてきます。ここでは車内熱中症対策に有効なエアコンの使用方法についてご紹介します。まず発車前のポイントですが、効率よく空調をきかせるために、熱を帯びやすいハンドルやダッシュボードなどを塗れたタオルで拭いてあげると車内にたまった熱が抑えられ、空調がききやすくなります。

またエアコンの冷たい空気は後部座席にまで届きにくく、車内の前と後ろで温度が違うということを認識しておく必要があります。冷機が届きやすい運転席や助手席にはちょうど良い温度であっても、後部座席に座っている人は暑く感じていることがあります。エアコンが効きやすい状態にするためにも、フロントガラスに日よけシェードを使用したり、窓ガラスに遮熱フィルムを貼る等、車内に熱が入らないように工夫することが大事です。

エアコンで冷やしすぎも禁物!クーラー病のワナ

その他

ではその他の対策方法についてご紹介していきます。まずなによりも大切なのは、水分補給です。できるだけスポーツ飲料や経口補水液を摂取することで、効果的に水分補給を行うことが出来ます。次に車外から差し込む強い日差しに対しての対策をとることも非常に有効です。

遮熱効果のある透明の窓用フィルムを車の窓に貼ることで、車内の温度の上昇を防ぐことが出来ます。それにより、エアコンの過度の使用も控えることが出来ます。次に、なるべく長時間の運転を控えることです。最長でも運転は2時間までとして、長距離運転の際はこまめに休憩所に立ち寄り、体を動かしたり外の新鮮な空気を吸うようにしましょう。また休憩所にはコーヒーやアルコール類なども置いあり、リフレッシュをするには非常に魅力的ですが、コーヒーなどのカフェイン飲料やアルコールは利尿作用があり、脱水を促進させてしまうので、なるべく控えるようにしましょう。

掃除方法紹介

車内の熱中症対策には欠かせないエアコンですが、きちんと手入れがされていないとエアコンの効きも悪くなってしまいますし、何より気になるのがカビの嫌な臭いです。この項目では、エアコンの掃除方法についてご紹介していきます。

カビ対策

暑い時期なって車のエアコンをつけたときに、必ずといっていいほど気になるのがカビの臭いではないでしょうか。掃除をせずに、ほこりや汚れが付着した状態で放置しておくとカビが発生してしまいます。特に車内は非常に狭い空間なので、カビの発生したエアコンから直接空気を吸ってしまうこともあり、健康面にも悪影響を及ぼしてしまいます。そんなカビを防ぐために大事なのが、湿気を除去することです。少し手間はかかりますが、運転終了後に毎回エアコン内部を乾燥させるとカビ予防には効果的です。

具体的には、窓を開けた状態で数分間暖房運転をします。熱風でエアコン内の湿気を除去していきます。更にエアコンフィルターの掃除や交換を行うことも非常に有効です。ご自宅で洗う際は、基本的には水洗いで充分ですが、汚れが酷い場合は薄めた中性洗剤液に漬け置きすると、汚れが綺麗に落ちます。またエアコン内部にあるカビが発生しやすいエバポレーターを洗浄する、専用のクリーナーも販売されているので、フィルター洗浄時にあわせて行うとより効果的です。

エアコンの電気代節約には掃除が効果的!

消臭対策

基本的にはカビ予防や除去をするだけで、カビの臭い対策はできますが、本格的に洗浄しようとなると少し手間がかかるのも事実です。エアコンのフィルター洗浄を行わずに簡単に出来るカビの臭い対策としては、エアコン専用の消臭スプレーを使う方法があります。こちらは非常に簡単で、エアコンの送風口にむかってスプレーを照射するだけで消臭効果が期待できます。

臭いの原因となっているカビやホコリ汚れなどを、銀イオンで抑制します。しかしあまりにもカビが多く発生している場合は、効果が感じられにくいでしょう。そのような場合には、浴室などで用いられる家庭用の防カビスプレーを使用する方法もあります。エアコンにも使用できる商品もあるので、エアコン対応可の商品を使うと良いでしょう。

次はこの記事

analysis-680572_1280

新電力会社が倒産!電気は使えるの?その後の対応は?

目次1 新電力が経営破たんした ...