energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 新電力インタビュー / 鹿児島県で地産地消を。【鹿児島電力株式会社】

鹿児島県で地産地消を。【鹿児島電力株式会社】


   

鹿児島電力インタビュー写真
鹿児島電力株式会社 代表者・脇田克郎

 

地元で創った電力を地元で使う。支払った電力料金の金額に応じて、地元の商店街などで使えるポイントや商品券として還元される。「電力を通じた地産地消で地元が活性化される仕組みができれば」と考えたことはないだろうか。

 

そんな願いが鹿児島県の新電力・鹿児島電力株式会社(鹿児島市・脇田克郎社長)で実現するかもしれない。「鹿児島で作り 鹿児島で使う」と鹿児島県内での地産地消をスローガンに、平成27年7月に設立された新電力だ。

 

鹿児島県内での電力の地産地消を掲げる同社は、太陽光を中心とした電源構成で電力を提供する予定だ。不足分に関しては、一般電気事業者による常時バックアップやJPEX(卸電力取引所)から仕入れた電力を組み合わせ提供する。既に電力小売りに必要なライセンスも申請済みで、HPでは2016年4月に自由化される低圧部門の事前予約も開始しており、自由化に向けた準備を着々と進めている。鹿児島県での取組を加速させている同社の下村氏(同社事業部長)に話を聞いた。

1

 

2

 

 

3