energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 大阪ガス / 特別高圧では実績のある大阪ガスの電力自由化に向けた動き

特別高圧では実績のある大阪ガスの電力自由化に向けた動き


   

先日、電力小売事業者申請をしていることを正式に発表した大阪ガス。初年度20万戸獲得を目指す関西の一大勢力の動きが活発になっています。

参考記事:大阪ガス、電力小売事業者として申請。初年度20万件を狙う

法人向け電力販売は好調

既に自由化されている高圧・特別高圧電力販売に関して大阪ガスは、出資しているエネットの窓口として電力供給契約を行っている。エネットは特定電気事業者としてトップのシェアを誇っています。エネットについては「高圧電力のシェア拡大を続けるエネットとは」へ。ガス事業とのコラボも始めており、法人向けにデマンドレスポンスシステムの導入サポートや、省エネコンサルティングサービスを展開しています。

一般家庭向けの低圧電力供給に向けた準備も着々と進む

大阪ガスはエネットと提携して法人向け電力供給を行う一方で、一般家庭向けの電力供給を独自のサービスとして来春より開始します。その前段階として、電力サービス開始の周知を大々的に開始しました。大阪ガスのホームページ内に電力の特設サイトを設置し、「電力自由化とは?」や「大阪ガスの電力事業とは?」、「どうやって切り替えるの?」といった疑問に答えるコンテンツを用意しています。

大阪ガス特設サイト
大阪ガス特設サイト

JXやケイ・オプティコム、エネットといった新電力大手も特設サイトを次々とオープンしており、電力自由化や電力会社乗り換えの周知を進めていきたい考えです。2016年1月の事前予約開始段階で、このWebサイト上で契約手続きが進められるものとみられます。


 

次はこの記事

collision of two energies, black background

ガス自由化!これからはガス+電気のセット割の時代に

目次1 「ガス+電気のセット割 ...