energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / energy-navi用語集 / 電力系統連系技術要件ガイドライン

電力系統連系技術要件ガイドライン


   

コージェネなどの自家用発電設備を電力系統に連携する場合の技術要件として1986年に資源エネルギー庁により策定されたガイドラインです。これまで数度の改訂が行われてきましたが、主なものは1990年の燃料電池をはじめとする直流発電設備に対する連系要件の整備、1991年の太陽電池など小規模な新エネルギー型の分散電源を逆潮流が無い状態で連系する場合の要件の整備、さらに1995年の電気事業法の改正に合わせ、独立発電事業者(IPP)等の入札電源などの系統連系時におけるラインの整備などがあげられます。これらの改訂により、現在ではすべての種類の発電設備が系統電圧に関わりなくすべての商用電力系統に連系できる技術要件となりました。


 

次はこの記事

託送利用者専門窓口

日本では送電部門の中立性確保策 ...