energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 料金関連まとめ / 関西電力10月の電気料金値上げへ 値上げ幅は全国1位

関西電力10月の電気料金値上げへ 値上げ幅は全国1位


   

各電力会社の10月における家庭向け電気料金

原油やLNGなどの燃料価格の変動を電気料金に反映する燃料費調整制度に基づき、10月の標準的な家庭を想定した電気料金が出揃いました。

 

電力会社名 料金 変動額
沖縄電力 8,126円 +36円
関西電力 8,070円 +279円
北海道電力 8,049円 +55円
四国電力 7,623円 +12円
中国電力 7,604円 -7円
東京電力 7,481円 -31円
東北電力 7,363円 -31円
中部電力 7,316円 -75円
九州電力 7,159円 -15円
北陸電力 7,077円 +21円

ご覧のように関西電力の値上げ幅は他社と比べても圧倒的に大きく、沖縄電力を除く大手9電力会社の中では最も高額な電気料金となる見通しです。

その他の電力会社は値下げか、値上げする場合でも少額に抑えられています。

 

関西電力、大幅な値上げの理由は?

値上げは、原子力発電が停止したことによる発電コストの上昇が招いたものです。関西電力は今年5月に家庭向け電気料金を8.36%値上げすることについて消費者庁と合意をしていました。

その際、冷房需要が増し消費者の負担が増える6月から9月の4ヵ月間は値上げ幅を4.62%に抑える軽減措置が取られていたのです。10月以降はこの軽減措置が無くなるため、大幅な値上げとなってしまいます。

来年4月に控えている電力自由化を前に、このまま電気料金の値上げが続いてしまうと関西電力にとっては顧客流出にも繋がり非常にマイナスです。

顧客を引き留めるための料金プランと、魅力的な付加価値がついたサービスメニューを掲示できるかが今、問われています。

 

【関連記事】

電気料金が高い地域ランキング

家庭に送られてくる 電気料金 の求め方

 


 

次はこの記事

HTBエナジー 画像

東電とHTBエナジーの新料金プラン比較してみました

目次1 HTBエナジーの新料金 ...