energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 関西電力 / 関西電力の電気代について

関西電力の電気代について


   

関西電力の電気代を節約するためには、電気料金プランを上手に利用しましょう

オール電化住宅向けの電気料金プランについてご紹介します!

オール電化住宅向けの電気料金プランとしては、はぴeプランという電気料金プランがあります。
このプランは、夏季とその他の季節に料金単価を分け、さらに時間帯を3つに分けています。
一般の家庭の場合で、最も割高なデイタイムを電気を使う量が最も少ない平日の午後に設定して、多く電気を使う夜間や土日は割安に設定しています。
7月~9月の夏季の場合、割高なデイタイムは平日の10時~17時、普通のリビングタイムは平日の7時~12時と17時~23時、土日祝の7時~23時、割安のナイトタイムは23時~翌日の7時になっています。
10月~6月のこれ以外の季節の場合、夏季のデイタイムより少し安い割高のデイタイムは平日の10時~17時、普通のリビングタイムは平日の7時~10時と17時~23時、土日祝の7時~23時、ナイトタイムは23時~翌日の7時になっています。

はぴeタイムの電気料金プランは、オール電化住宅の場合には料金が1割引

夜間の電気料金が割安のはぴeタイムの場合は、蓄熱機器などを設置している場合にぴったりです。
平日のデイタイムの10時~17時が割高になっているため、あまり日中には電気を使用しない家庭で、まとめて朝晩に家事をするような家庭や、生活が夜型の場合などで電気を夜間に多く使用する家庭に向いているプランです。


 

次はこの記事

jcom 2

【比較】J:COMと関西電力の電気料金プラン

目次1 結局、どっちが安い? ...