energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 料金関連まとめ / 関西電力 家庭用電気料金プラン「深夜電力」の受付停止

関西電力 家庭用電気料金プラン「深夜電力」の受付停止


   

関西電力は22日、2016年4月から開始される電力の小売全面自由化に向け、新たな電気料金プランの導入と「深夜電力」の新規加入の受付停止を発表しました。

 

<新規加入を停止する電気料金プラン>

・深夜電力、第2深夜電力、低圧蓄熱調整契約

・通電制御型蓄熱式機器割引、5時間通電機器割引

参照:関西電力 プレスリリース 電気料金メニュー等の見直しについて

今回、新規加入を停止する電気料金プランの新規受付は2017年3月末となりますが、既に利用している顧客については受付停止後も、引き続き利用できるということです。

 

新たな電気料金プランの検討を開始

自由化後の顧客獲得、既存顧客の流出防止を狙いに、よりお得で上手に使える電気料金プランの検討開始についても発表しています。具体的な電気料金プランについては現時点では未定です。

 

高まる電力料金抑制への期待

先日、東京電力が発表した電気料金プランの見直に続き、(参考:東京電力 電力自由化見据え電気料金プランの見直しを実施) 関西電力も電気料金プランの見直しを実施し、新電気料金プランの検討を開始しました。一般電気事業者と言われる10の地域電力会社は来たる電力自由化を前に顧客の引き留めに躍起になっています。電気需要家に取って、よりユーザーに適した電気料金プランが誕生し、料金の抑制などが実施される期待が高まってきました。年末にかけて、その他の一般電気事業者や新電力の料金プラン発表も予定されており、今後の動向には注視が必要です。

コチラも併せてご確認ください。【一般電気事業者】関西電力株式会社


 

次はこの記事

書面

高浜原子力 運転延長認可へ

東京電力福島第1原発事故後、原 ...