energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 経営プロセス / 酒店を開店するまでのプロセス

酒店を開店するまでのプロセス


   

 

酒店を始めるにあったってすべきこと!

酒店をするにあたりまずしなければならないこととは!?

酒店開業するまでの準備酒店を始めようとした場合、まずはどういうことから取り掛かればいいでしょうか。もちろんお店を開業するにはさまざまなことをクリアする必要があります。それでは、開店に漕ぎ付くまでの流れを見ていきましょう。

・開業するまでの準備

お店を開業する訳ですから、商品の前にまずは販売スペースを確保する必要がありますね。形にこだわらないのであれば自宅の一室をスペースとして割り当てることも許可さえ下りれば出来ます。新たに場所を貸しきるのであればそれなりの資金が必要になります。広ければ広いほど改装費はかかりますが、そこは自分がどれだけ初期投資に出せるのかお店をどれほどの規模にしていくのかしっかり「計画」を持って臨みましょう。そして店舗を開くには行政に許可を取る必要があります。酒店を開業する場合は、「酒類小売業免許 」という免許が必要になります。「一般酒類小売業免許 」であればすべてのお酒を販売することが出来るようになるので、まずはこれを取得することになるでしょう。そして商品、たとえば日本酒であれば試飲会などで良いお酒を売っている蔵を仕入れ先として探していきます。お酒は温度調整が繊細ですので、種類ごとに冷蔵庫も必要になります。

 一番気になるところ…

具体的な費用とは??

開店費用
2.38334e+007

極端にいえばお酒を売るだけであれば、免許さえあれば自宅ででも出来ますし商品の仕入れ金くらいのものでしょう。しかしきちんと店舗を作るのであれば設備も必要ですし数百万円は当然かかってきます。あまりに初期投資をし過ぎるのも、のちに資金繰りが苦しくなるのでしっかり考えたほうが良い部分ですね。お酒を始め、飲食品を扱うお店には冷蔵設備がどうしてもつきものです。

常にたくさんの商品を保管するには、それ相応の電気代がかかってきます。店舗の規模にもよりますが、どんなに小さくても10万や20万以上は必要になるでしょう。そのほかにも商品の入荷などさまざまな諸経費はあるでしょうが、どこまでコストは許容できるのか見定めて運営していくのが大切です。

 

気を付けなければならないこと!

注意点!!

注意点コンビニエンスストアの酒類販売の台頭やインターネットの発達とともに、商品の通販に力を入れる酒店は多くなりました。しかし通販を始めるには注意しなければならない部分があります。一般の免許とは別に「通信販売酒類小売業免許」というものが必要になるので、始める際にはこの免許をまずは取得しておきましょう。

 

 

 

次はこの記事

analysis-680572_1280

新電力会社が倒産!電気は使えるの?その後の対応は?

目次1 新電力が経営破たんした ...