energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / あなたにおすすめのプラン / 福岡在住 二人暮らしの定年におすすめの電気プランとは?

福岡在住 二人暮らしの定年におすすめの電気プランとは?


   

二人暮らし世帯の電気の使い方

電気の使い方

夫婦二人暮らしの世帯は共働きの場合、二人とも家にいるかいないかなので、多く使う時間帯とほとんど使わない時間帯がはっきり分かれることが多くなるでしょう。家電の種類は一人暮らしに比べて増え、同時の使用も多くなるので、一人暮らしから二人暮らしになった場合は電気の契約を見直す必要があります。二人の生活スタイルに合わせて夜や朝などの特定の時間帯に電気代が安くなるプランを選ぶのも一つの選択肢かもしれません。一人暮らし世帯と比べて二人暮らしの世帯は、プランを変えるだけで多くのメリットが受けられる可能性があります。

定年後におすすめな電気プランとは?

定年後におすすめな電気プラン

定年退職された方がいるご家庭では、常に誰か一人は家にいる、という状況が多いかと思います。そのため24時間一律の料金プランを選択されている方が多いかと思いますが契約する会社を変更することで料金体系を変えることなく今よりおトクな暮らしができます。例えば、車をよく使うという方であればガソリンとセット割を実施している会社、ガスも電気もおトクに使いたいという場合はガスとのセット割を実施している会社など。同じ料金プランでも付加価値が異なるのが自由化後の電気契約の特徴です。まずは各電力会社の強みを知ることから始めてみましょう。

福岡の電気

福岡は、原発再稼働が話題を呼んでいる九州電力の管轄内です。原発再稼働によって今後電気料金の値下げが予想されますが、九州地域にも数多くの新電力が参入を予定しているため競争は激化していくでしょう。九州地方へ参入を予定している新電力には、太陽光発電などの再生可能エネルギーや、電力の地産地消をウリにしている新電力が多い印象を受けます。電気料金だけでなく、環境や地域など様々な角度から電気契約を考えられるのがこの福岡の特徴です。まずは自分が何を重視して電気契約を行うか検討してみましょう。

旅行好きの福岡在住二人暮らし定年の方はこれ!(HTBエナジー株式会社 従量電灯B)

HTBエナジー株式会社

pointタグ定年の方におすすめの特典がもりだくさん

  • 一般電気事業者と比べて5%割安!
  • 電気と旅行セット申し込みでお得!
HTBエナジー

テレビやネットをたくさん利用する福岡の二人暮らし定年の方にオススメ(J:COM 家庭用コース 従量B)

J:COM

pointタグ定年の方におすすめの特典がもりだくさん

  • J:COM加入で電気代が最大10%お得!
J:COM 電力

日中家にいる福岡の二人暮らし定年の方はこれ!(九州電力 従量電灯B)

九州電力

pointタグ定年の方におすすめの特典がもりだくさん

  • 充実したプラン!
  • ライフスタイルに合わせたプランを提供!
九州電力

以上福岡在住の二人暮らしの定年の方にオススメの料金プランでした。
二人暮らしの定年の方は、家にいる時間が長いため時間帯別の料金プランよりも、昼夜料金一律の従量電灯Bの方がオススメ。
二人暮らしのライフスタイルに合わせて、セット割を展開しているJ:COMやHTBエナジーを選択するのも賢明。


 

次はこの記事

大阪ガス

【電力会社切り替え】和歌山県和歌山市 1人暮らし 大阪ガス

目次1 お住まいのエリア2 切 ...