energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / 料金関連まとめ / 東電と東急パワーサプライの新プランを比較してみました

東電と東急パワーサプライの新プランを比較してみました


   

東急パワーサプライが新料金プラン発表!

電力自由化にて電力小売市場に参入する東急電鉄系の電力会社、東急パワーサプライが新電気料金プランを発表しました。

東急パワーサプライの新料金プランはどれだけ安いのか?

「40A以上ならば使用量にかかわらずお得になる」と宣言している料金プラン。いったいどのようなものなのでしょうか?

東急

出典:東急パワーサプライ

東京電力と比較した場合

東急パワーサプライと東京電力が発表した新料金プランではっ実際にどれほど差があるのか比較してみましょう。今回比較するプランは従量電灯Bで各家庭でもっとも多く使われている電気料金プランです。(小数点切捨て)

基本料金 東急電力 東京電力
30A 788円 842円
40A 1,069円 1,123円
50A 1,296円 1,404円
60A 1,522円 1,684円

東急パワーサプライと東京電力の電力量料金比較 (小数点切捨て)

電力量料金 東京電力 東急電力 差異
第1段階料金(~120kWh) 19.43円 19.41円 ▲0.02円
第2段階料金(120kWh~300kWh) 25.91円 25.88円 ▲0.03円
第3段階料金(300kWh~を超える) 29.93円 28.43円 ▲1.5円

基本料金、電力量料金ともに少し東急電力が安いという結果となりました。

モデルケースでシュミレーションしてみます

シュミレーション

東京電力の「でんき家計簿」から情報を参照して、「H27/01 使用量:919kwh」、契約容量:60A計算してみます。(少数点は切り捨て)

東京電力の場合

基本料金    :1684.80円(60A)

電力量料金:19.43円×120kwh=2331.6円

25.91円×180kwh=4663.8円

29.93円×619kwh=18526.67円

合計:1684.80円+2331.6円+4663.8円+18526.67円=27,206円

東急パワーサプライの場合

基本料金    :1522.8円(60A)

電力量料金:19.41円×120kwh=2329.2円

25.88円×180kwh=4658.4円

28.43円×619kwh=17598.17円

合計:1522.8円+2329.2円+4658.4円+17598.17円=26,108円

東急パワーサプライが月間1098円、年間13179円お得という結果が出ました。(小数点切捨て)

電力量料金の設定価格が東京電力と比較して安く、電気使用量が多い方には、やはりメリットが出ますね。

※本シミュレーションは、消費税や各種調整費・各種キャンペーン・割引を考慮していませんので、実際の料金とは異なります。

4月から電力自由化が始まる!

電力自由化まで残すところあと一ヶ月をきりました。ご家庭の使用状況やライフスタイルに合わせてそれぞれのご家庭にあった料金プランを見つけましょう!

 


 

次はこの記事

イーレックスロゴ

東電とイーレックスの新電気料金比較してみました

目次1 イーレックスの新料金プ ...