energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / お役立ち情報 / 東京電力エナジーパートナー プレミアムプラン(2年契約)の特徴

東京電力エナジーパートナー プレミアムプラン(2年契約)の特徴


   

プレミアムプラン_11

電気の使用量が多い家庭はメリットが出る!?プレミアムプランって何?

プレミアムプランは毎月400kWhまでは基本料金 + 定額料金で電気を使うことができるプランです。在宅率が高い・ご家族の多い方、ペットを飼っている方など、電気のご使用量が多いご家庭はおトクに使えます。

申込バナー

プレミアムプランの料金表

基本料金 468円(契約電力1kWあたり)
電力量料金 定額料金 9,700円(最初の400kWhまで定額)
従量料金 29.04円(400kWh超過分、1kWhあたり)

プレミアムプランの特徴

■スマート契約

■定額料金(400kWhまで)

■割安な従量料金(400kWh超過分)

大きく3つの特徴があるプランです。

スマート契約とは

電気の使用実績にもとづき基本料金が決まります。

プレミアムプラン_02

出典:東京電力エナジーパートナーズ スマート契約について

過去一年間のピーク電力が基準になり基本料金が決まるため、

■消費電力の多い電化製品を同時に継続的に利用しない

■時間帯によって電気使用量が変動しない

ご家庭は電気料金の低減に繋がるプランと言えそうです。

スマート契約時の契約電力の目安は?

現在のブレーカー契約と照らし合わせると、下記がスマート契約へ変更した際の目安となるようです。

ブレーカー契約

契約容量

スマート契約

契約電力(推計値)

30A 2kW
40A 3kW
50A 3kW
60A/6kVA 4kW
10kVA 7kW

※東京電力エナジーパートナーズ スマート契約を参考に算出

ブレーカー契約とスマート契約の基本料金の差は?

ブレーカー契約よりも若干ですが、スマート契約の方が割高に設定されているようです。

ブレーカー契約

契約容量

基本料金

スマート契約

契約電力(推計値)

基本料金

30A 842.40円 2kW 936.00円
40A 1,123.20円 3kW 1,404.00円
50A 1,404.00円 3kW 1,404.00円
60A/6kVA 1,684.80円 4kW 1,872.00円
10kVA 2,808円 7kW 3,276.00円

定額料金とは

プレミアムプラン_03

出典:東京電力エナジーパートナーズ プレミアムプラン

プレミアムプランは、400kWhまでが定額料金となっており、400kWhを超過する分には別途電力量料金が加算される料金体系となっています。

割安な従量料金

プレミアムプランは400kWhまでは定額制となっていますが、400kWhを超過した分は電力量料金が別途かかります。

従量電灯B・スタンダードプランとの電力量料金比較

料金プラン 0~120kWh 120~300kWh 300~400kwh 400kWh~
プレミアムプラン なし 29.04円
スタンダードプラン 23.40円(1kWh) 30.02円(1kWh)
従量電灯B 19.43(1kWh) 25.91円(1kWh) 29.93円(1kWh)

400kWhを超過した際に掛かる電力量料金は、既存プランや新プランの中で最も割安に設定されています。

実際の使用量で計算してみると・・・(電力量料金ver)

 電力量料金 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh
プレミアムプラン 9,700円 9,700円 9,700円 12,604円 15,508円 18,412円
スタンダードプラン 4,680円 7,020円 10,022円 13,024円 16,026円 19,028円
従量電灯Bプラン 4,404円 6,995円 9,988円 12,981円 15,974円 18,967円

定額の上、電力量料金が他のプランと比べ割安に設定されている分、使用量が多ければ多い程メリットが出る料金体系となっています。ただし、上記は、基本料金が含まれていないので契約容量によっては、割高になる場合があります。それでは詳しく見ていきましょう。

60A(4kW)契約で650kWh使う家庭の場合

モデルケースとして、650kWh使う家庭の電気料金を算出してみました。

プレミアムプランの場合

基本料金

(4kW)

0~120kWh 120~300kWh 300~400kwh 400~650kWh 合計
プレミアムプラン  1,872円 9,700円 7,260円 18,832円

スタンダードSプランの場合

基本料金

(60A)

0~120kWh 120~300kWh 300~650kWh 合計
スタンダードプラン 1,684円 7,020円 10,507円 19,211円

従量電灯Bプランの場合

基本料金

(60A)

0~120kWh 120~300kWh 300~650kWh 合計
従量電灯B 1,684円 2,331円 4,663円 10,475円 19,153円

プレミアムプランが若干だが、安い!

650kWh使っているご家庭で算出した場合は、

プレミアムプランがスタンダードプランと比較すると379円、従量電灯Bと比較すると321円安くなりますね。

年間にすると、大体4,000円程度の削減が見込めそうです。

ただし、プレミアムプランはこれだけではありません。実は、プレミアムプラン(スタンダードプランもですが、、、)は、支払額に応じてポイントが付与されるため、実質の割引額はもう少し高いです。それではプレミアムプランの充実した加入特典やポイント付与について見ていきましょう。

申込バナー

充実した新規加入特典

プレミアムプランへの加入では、料金面以外でも大きなメリットがあります。

高額ポイントの付与

プレミアムプラン_04

電気の駆けつけサービス

プレミアムプラン_05

電気料金の支払額に応じたポイント付与

プレミアムプラン_06

web申込でポイントプレゼント

プレミアムプラン_07

申込バナー

プレミアムプランの注意点

メリットが多く見えるプレミアムプランですが、注意が必要な点があります。それは、基本料金の所でも説明しましたが、契約体系が「スマート契約」という点です。スマート契約は、「12か月間で一番高いものが基本料金となる」契約体系になります。そのため、ある一定の時間帯に電気をたくさん使う家庭の場合、ピーク時の使用電力量が基本料金のとして適用されてしまいます。ピークの時間帯を作らず、平均的に電気を使うご家庭にはメリットが出るプランと言えます。


 

次はこの記事

smartmeter

スマートメーターって!?工事費用や安全性は?

目次1 スマートメーターとは? ...