energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 新電力インタビュー / 電力の「メイド・イン・なら」を実現させる【奈良電力株式会社】

電力の「メイド・イン・なら」を実現させる【奈良電力株式会社】


   

山本商事IVAN
イメージキャラクターIVANさんと山本商事/奈良電力代表取締役 山本譲二氏

奈良県内で作った電気を奈良県内で消費する。奈良県での「地産地消」による「地域貢献」を目的に、「奈良電力株式会社」(奈良県御所市、代表取締役山本譲二)が2015年6月に設立された。

母体は、砕石・リサイクル事業等を行っている山本商事株式会社(奈良県御所市 代表取締役社長山本譲二)であり、建設廃材を使ったバイオマス発電の燃料となるRPF(新型固形燃料)の製造を行うリサイクル事業や、メガソーラー事業など、再生可能エネルギーに関する知見が高い老舗で、県内の業界最大手企業だ。

山本商事グループ率いる「奈良電力」が、2016年4月に控えた電力小売全面自由化に向けて、今後どのように事業を展開するのか、山本社長に話を聞いた。

1

 

2

 

 

3