energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / 豆知識 / 夏バテをしたくない!冷蔵庫のあの食材で乗り切ろう!!

夏バテをしたくない!冷蔵庫のあの食材で乗り切ろう!!


   

健康に配慮した食生活

暑い夏だからこそ、健康に配慮した食生活を送りたいですよね。そこで、健康に配慮した生活を送るためのコツについてご紹介をします。

冷たい飲み物ばかりは危険

暑い夏、暑いからといってつい冷たい飲み物ばかり飲み過ぎてしまっている…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。暑い夏は暑いからといって冷たいものばかり飲み過ぎてしまうと、実はとても危険なのです。

冷たい飲み物は、胃腸などを急速に冷やし過ぎてしまい、その結果食欲不振などにつながってしまったり、夏バテの原因となってしまうのです。暑い夏、なんとなく食欲がわかないという方や、夏バテで体調が悪い、という方は、実は冷たい飲み物を飲み過ぎているからかもしれません。

このため、もしも暑いので水分補給をしたいという場合には、なるべく常温で飲むように心がけましょう。氷などを入れず、そのまま常温で飲むほうが実は体内に水分は吸収されやすくなっていますので、喉がさらに乾くことを防止してくれる効果があります。また体が冷やされ過ぎたりするのを防いでくれるので、健康的に過ごすことができるのです。

ビタミンB・Cを含む料理

夏バテでどうしても体調が悪い、という方は、冷蔵庫の中の食材を使い、ビタミンBやビタミンCが豊富なレシピで乗りきるようにしましょう。たとえば、ビタミンBを多く含んでいる食べ物の中には、豚肉などがあります。暑い夏は豚肉を使ってみるレシピがおすすめです。

また、食欲がない、夏バテで悩んでいるという方は、食欲増進効果がある、ショウガなどを使ってみましょう。豚肉の生姜焼きなどは暑い夏でも食欲を増進させてくれる効果があり、またビタミンが豊富なので、夏バテ改善にもぴったりです。パワーなどがわいてくる効果があります。

また、ビタミンCをとることで、夏の疲れたお肌などを改善したり、体の免疫力などをアップしてくれます。果物などを積極的に摂取することが大切ですし、また生野菜などを多くとるようにしましょう。

ゴーヤ

電化製品を賢く使う

暑い夏は料理をするのも大変に感じることも多いです。電化製品を賢く使い、暑い夏を乗り切りたいですよね。
夏の旬の野菜である、ナスやピーマンなどを献立に取り入れてみることで、これらの栄養素をバランスよく摂取することができますし、さらに夏バテ改善をすることができるといえるでしょう。

電子レンジ

夏の暑い時は、料理をするのが面倒くさい…ということで悩んでいる方も多いです。暑いときに、火を使った料理をするのは大変ですし、汗をかいてしまったりで大変ですよね。

そこで、おすすめなのが電子レンジをうまく使った料理方法です。

いろんな料理は電子レンジをうまく使用することで、時間を短縮することができますし、掃除なども簡略化することができます。

洗い物なども減らすことができるので、一石二鳥です。

たとえば、野菜などは、電子レンジでチンするだけで火が通りますので、これを利用して、野菜炒めを作ってみたり、スチーム野菜を作ってみるのもよいでしょう。また、応用で、電子レンジでパスタを作ることもできます。

さらにご家庭の電子レンジにもよりますが、電子レンジのオーブン機能を使うことで、チキンの照り焼き、焼き魚など、焼き物のメニューも作ることができます。

暑い夏は、火を使うことも大変に思うことも多いですが、電子レンジをうまく使うことで、上手く乗り切りましょう。

電子レンジグッズはすごい。光熱費節約調理法4選

炊飯器

夏バテで体を動かすのが大変、体調がよくない、という方もいらっしゃるのであはないでしょうか。そういった方は、炊飯器をうまく使って料理を作ることがおすすめです。冷蔵庫の中の余った野菜などを、炊飯器に入れるだけで、炊き込みご飯ができたりするのです。

たとえば、今の季節なら枝豆ご飯はとても美味しいですね。枝豆をごはんを炊く際に入れ、だしとしょうゆなどで味付けをしてそのまま炊飯器で炊くだけとなります。

また、お肉の料理なども実は炊飯器で簡単にできるのです。炊飯器に材料を入れ、そして炊飯時間を設定するだけで、しっかりとやわらかいお肉の料理に仕上がります。

自分で味付けをして、そのまま食べるだけでオーケーなので、後片付けなども簡単ですね。

暑い夏は、炊飯器を使うことで、洗い物なども減りますし、火を使わなくて済むので、夏バテで悩んでいるという方にもおすすめです。

炊飯器を使うだけで、普段の料理が、とても楽になりますので、とてもおすすめです。

 

 

夏バテ・暑さ対策

夏バテ、暑さで参っている人もいらっしゃると思いますが、それにはそれなりの対策をする必要があります。

作り置きできるメニュー

 

夏バテで悩んでいる…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。夏バテで辛いときは料理を作るのも大変ですし、毎日の献立に悩んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、おすすめなのが、作り置きができるメニューです。何日か作り置きができるメニューであれば、毎日作る必要がなく夏バテでしんどいというときにも、とても良いですよね。
作り置きができる夏のメニューとしておすすめなのが夏野菜カレーです。

夏野菜カレーには、カボチャ、ニンジン、ジャガイモなど、冷蔵庫の中の余った野菜などをすべて入れて煮込むようにしましょう。

できれば旬の野菜を使ったほうが、栄養価は高くなりますし、夏バテ防止にもなりますので、おすすめです。夏野菜カレーは、そのままお鍋で、出来上がってから冷蔵庫に入れておくだけで、数日間持ちます。このため、作り置きをしておき、その都度食べても問題がありません。とても簡単で、さらに作り置きができちゃうメニューなので、献立を考えるのに大変、という方におすすめのメニューです。

エアコンの電気代節約には掃除が効果的!

 

節電ポイント

 

暑い夏は、節電をして乗り切りたい、という方も多いのではないでしょうか。毎日暑いと、エアコンを連続でつけているという方も多いですし、電気代がかさんでしまう、という方もいると思います。そこで、毎日の料理でなるべく節電をする方法はどんな方法があるのでしょうか。

たとえば、エアコンを使う際には、扇風機などを同時に使うことで、涼しくなりますし、さらに電気代なども大幅に削減することができます。エアコンを連続して使用していると、莫大な電気代がかかってしまいますが、扇風機の電気代は、とても安いです。このため、併用して利用することで、毎日の暑い夏でも電気代をなるべく節約して過ごすことができます。

また、寝ている際には、タイマーなどをうまく利用して、なるべく節電をするように心がけましょう。


 

次はこの記事

デフォルトアイキャッチ_2

エアコンで冷やしすぎも禁物!クーラー病のワナ

目次1 クーラー病って何?2 ...