energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / 料金関連まとめ / 一人暮らしの平均的な水道光熱費

一人暮らしの平均的な水道光熱費


   

平均的な水道光熱費のことしってますか?

あなたは平均?それとも…

一人暮らしの場合の平均的な水道光熱費
Dissatisfied woman

一人暮らしの場合は、光熱費が低いのか、高いのか気になるのではないでしょうか。ここでは、一人暮らしの場合の平均的な水道光熱費について見ていきましょう。また、二人暮らしのカップルなどの場合の平均的な水道光熱費についても見ていきましょう。では、水道光熱費とはどのようなものなのでしょうか?水道光熱費というのは、電気代・上下水道代・ガス代など、暮らしに必要なエネルギー費のことを言います。まず、水道光熱費を節約するポイントについて見ていきましょう。水道光熱費は一人暮らしの方にとっては節約しやすいため、節約を上手に行いましょう。一人暮らしの場合に水道光熱費を節約するために把握しておくべきことは、電気料金は電気料金プランによって違ってくることです。電気の時間帯別の単価が電気料金プランごとに違っています。例えば、昼間は不在で電気を夜に使う場合が多いような一人暮らしの場合は、電気料金プランは安く夜の電気の単価がなっているものがお得になります。このように、最もお得に使用できる電気料金プランを選択することによって無駄が無くなり電気料金を節約することができ、水道光熱費を最終的に節約することができます。

実際の平均価格を見てみましょう!

具体的な数字の話!

平均的な水道光熱費
2.38334e+007

水道光熱費と家賃の2つが、大きく一人暮らしの家計を占めています。この中で、水道光熱費は、どのくらいが平均なのかというのが非常に把握しにくいものです。平均額が把握できなければ、自分は電気・水道・ガスなどを別の人よりも多く使用しているのかが分かりません。ここでは、国の統計をベースに、一人暮らしの場合の平均的な水道光熱費を見てみましょう。国の家計調査による、34歳以下の2009年~2013年の一人暮らしの平均の水道光熱費を見てみると、一人暮らしの2013年の平均の水道光熱費は、7,604円1月あたりかかっていることが分かります。2011年~2013年の3年間の平均の水道光熱費を算出すると、7,347円1月あたりかかっていることが分かります。一人暮らしを日本でする場合、平均的な水道光熱費は7,347円1月あたりかかるようになります。一人暮らしを現在している場合は、自分の場合の水道光熱費と比較してみましょう。

二人暮らしではどのように変わる!?

二人暮らしになると単純に二倍??それとも…

二人暮らしになると単純に二倍?
Mature couple Relaxing

では、二人暮らしのカップルなどの場合は、どのように水道光熱費は違ってくるのでしょうか?一人暮らしから二人暮らしのカップルに変わった場合に、倍以上に水道光熱費がなってびっくりしたというような人もいるでしょう。二人暮らしの場合の水道光熱費を、国の統計をベースにして算出したところ、びっくりするような結果になりました。国が調査した、二人暮らし世帯の2009年~2013年までの平均的な水道光熱費を見てみると、2013年の二人暮らし世帯の平均の水道光熱費は、20,159円1月あたりかかっていることが分かります。2011年~2013年の3年間の平均の水道光熱費を算出すると、19,620円1月あたりかかっています。二人暮らしを日本においてする場合は、平均的な水道光熱費は19,620円1月あたりかかります。二人暮らしの場合の水道光熱費は、一人暮らしの場合の約3倍になります。一人暮らしの場合の平均の水道光熱費が7,347円1月あたりかかり、二人暮らしの場合の平均の水道光熱費が19,620円1月あたりかかることが分かりました。年間でこれを考えてみれば、一人暮らしの場合の平均の水道光熱費は88,164円、二人暮らしの場合の平均の水道光熱費は235,440円になります。二人暮らしに一人暮らしから変わった場合には、水道光熱費はなんと3倍近く一人暮らしの場合より高くなっています。そのため、一人当たりで考えた場合には29,556円年間に増えて、6,136円1月あたりに増えるというようになります。この理由としては、水道光熱費が住む部屋の大きさが広くなったため増えたということなどが考えられます。知らないよりも知っておいた方がお得に毎日生活できるようですね。関連記事を読んでちょっとした節約術も身に着けてはいかがでしょう。

次はこの記事

デフォルトアイキャッチ_2

燃料費調整制度 とは? ~電気の使用量が変わらないのに、値段が毎月違う理由~

目次1 そもそも燃料費調整額っ ...