energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / ソフトバンク(ソフトバンクでんき) / ソフトバンク×東京電力 提携内容が明らかに

ソフトバンク×東京電力 提携内容が明らかに


   

東京電力とソフトバンクは、10月7日に電力と通信・インターネットサービスの共同商品販売に関する業務提携に向けた基本合意書を締結しました。

 

ようやく締結された業務提携に向けた基本合意

2015年5月に共同販売の検討開始を発表してから約5か月が経った、10月7日に東京電力とソフトバンクの業務提携に向けた基本合意が締結されました。全国で約2,600店舗あるソフトバンクショップや東京電力が家庭向けに無料で提供するWEB会員サイト「暮らしのプラットフォーム(仮称)」などを通じ、2016年4月に開始される電力自由化で全国の一般家庭を対象に、携帯電話やインターネット通信サービスと電力をセットにした電気料金プランを検討する予定です。

 

提携がもたらす効果

東京電力の顧客数は1都7県を中心に約2,900万、ソフトバンクは全国に3,700万の契約を抱えており、両社は双方の顧客基盤を生かしながら、「電力×携帯電話」をセットとした販売戦略で更なる顧客獲得が見込めると提携だと予想できます。

 

補完し合う販売エリア

ソフトバンクの顧客は、東京電力が提供している首都圏エリアを除いても、約2,000万の契約数があり、東京電力は今回の提携で「電力×携帯電話」を武器に域外への電力販売が容易になります。逆にソフトバンクも首都圏の既存顧客に対して、「電力×携帯電話」という魅力的なセットプランを提供でき、解約防止や新規顧客獲得の大きな武器になると言えます。

 

事業者情報をまとめてます。併せてご確認ください。

【一般電気事業者】東京電力株式会社

【新電力】ソフトバンク株式会社

次はこの記事

okinawa-1050504_1280

多彩な料金プランを提供中! 沖縄電力・沖縄本島向け料金プランを徹底解説

目次1 沖縄電力2 4種類の料 ...