energy naviイチオシ記事
1位:やっぱり強かった2トップ!電力自由化の主役は都市ガス勢か
2位:【Looopでんき】基本料金ゼロのプランは本当に安くなる!?
3位:auユーザー必見!auでんきは東電と比較して安いのか
4位:関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位:最大12,000円!?今だけお得な電気の切り替えキャンペーン
ホーム / すぐできる節約術 / クーラーの様々な機能

クーラーの様々な機能


   

クーラーの便利な機能!

各社でオススメの機能はこちら

エアコンクーラーについては一般的な機能については各社ともある程度均一されたものになりつつあります。今のクーラーにはセンサーがついていて、人がいるところにだけ効率的に冷たい風を送ることが問題なくできます。当初はこのセンサーの出現だけでも画期的であったと思います。当時同じように画期的だったのは屋外からクーラーの操作を行うことでした。今では当たり前の機能となっていますが外出前にタイマーをかけていなければ、自宅に戻った時にどうしてもクーラーが効くまでに時間がかかります。こうした基本機能は今でも各社ともクーラーのおすすめ機能として生きています。

掃除を楽にする機能もある

非常に面倒なクーラーの掃除

クーラー

そのほかのおすすめ機能としては何といってもクーラーの掃除を楽にする機能です。ユーザーにとってクーラーの掃除は非常に面倒なものです。それをカバーする機能がクーラーそのものが自ら掃除する機能になります。これは非常にユーザーメリットも大きく、これからも長くお勧めの機能として残るでしょう。

空気清浄機のようなクーラー

エコにも役立つ!

クーラー次におすすめの機能はクーラーの風に清浄機能をのせる機能です。家電も複合化が進み、クーラーだけでも空気清浄の機能も果たすことができるようになっています。最近ではアレルゲン、花粉、PM2.5など不純物をクーラーの風できれいにする機能があり、日本という国では特に注目されるようになっています。次に今もどんどん改良されているのが静音機能です。どうしても機器の音が気になるもの。一昔前と比べるとかなりクーラーも静かになりました。季節によっては夜間、睡眠をとりながらクーラーは動き続けるわけです。だからこそ、気になる方にとっては音はポイントになります。ここまでは現在、過去から継続してトレンドになっている一般的な機能をあげてきました。そして、これからはさらに注目すべき改善ポイントは何と言ってもエコ性能です。かなりエコ化が進んでいるとはいえ、日本も温暖化が進む中、どうしてもクーラーの稼働時間が長くなるのは致し方ありません。これを改善するためにはどうしてもエコ性能のアップしかないわけです。センサー技術や空気清浄技術はほかの機器との融合で進化しますが、このエコ性能に関してはまさしく、クーラーの要素技術を結集してこそ進化するものです。日本メーカーがクーラーに関してはかなり技術のプライオリティーが高いだけにこれからも、融合技術、さらにはエコ性能といった要素技術のアップが非常に期待されるところだと考えられます。


 

次はこの記事

電気代 節約 夏

サーキュレーターと扇風機の違い、エアコンとの親和性

目次1 知らないと損!?サーキ ...