energy naviイチオシ記事
1位: 東電と東京ガスの新プランを比較しました
2位: 「ENEOSでんき」使えば使うほど電気代とガソリン代がお得に!?
3位: ソフトバンクでんきは最大16万円お得って本当!?徹底検証!
4位: 関西在住者必見!大阪ガスと関西電力の電気料金プランを比較!
5位: 東急ユーザーにお得な「東急でんき」!!東電と徹底比較
ホーム / すぐできる節約術 / ガス代・ガソリン代の節約術!

ガス代・ガソリン代の節約術!


   

エネルギー価格の高騰によって、ガス代、ガソリン代についても高い水準で留まっています。

更に、中東の政情不安も原油の価格が安定しない一因となっており、家庭での光熱費、ガソリン代の節約は必須と言えます。

意外と知らない?ガソリンについて

皆さんはガソリンと言うと、ガソリンスタンドで購入できる自動車用の物をイメージされるかもしれません。
しかし、ガソリンの利用法はエンジンを回すだけのものではありません。

自動車用ガソリン

一般的にガソリンと言われて思い浮かぶの自動車用ガソリン、標準的なレギュラーと、少し成分の違うハイオクの二種類が販売されています。
この二つのガソリンは、簡単に言うと「燃えやすさ」に大きな違いがあります。
基本的に値段の高いハイオクガソリンの方が燃えやすいイメージがありますが、実は燃えにくいのはハイオクの方。
ガソリンエンジンは、気化させたガソリンと空気の混合物を圧縮した物に点火して爆発させることによって動力を得る仕組みになっていますが、よりパワーを得るためにはより圧縮する必要があります。
そして、圧縮されたガスに最適なタイミングで着火することにより、同じ量のガソリンでも大きいパワーを出すことが出来ます。
しかし、高圧縮のエンジンに通常の燃えやすいレギュラーガソリンを入れた場合、このタイミングがずれてしまう事があります。
気体は圧縮されると熱を持ってしまうのですが、燃えやすいガソリンの場合、この圧縮によって発生した熱が原因で、プラグから火花を飛ばす前に着火してしまいます。
その為、本来想定していたタイミングで着火できず、パワーが出なかったり、エンジンが壊れることもあります。

ホワイトガソリン

もう一つのガソリンは、ホワイトガソリンと言われる高い純度のガソリンです。
一般的にキャンプ用品の燃料として販売されているのですが、自動車用に比べて精密な機器で使用されるため、不純物が少なくなるように調整されています。
その為、通常のガソリンより割高になります。
節約のためにキャンプ用品に自動車用ガソリンを使おうと考えるかもしれませんが、臭いや不純物による機器が壊れる可能性があるため、使用は禁止です。

Oil gas processing plant with pipe line valves

様々なガス

家庭内の火を使う道具には主にガスが使われていますが、このガスにもLPと都市の二種類があります。
同じガスではありますが、こちらもレギュラーとハイオクのように、成分や燃焼などの面で大きな違いがあります。

都市ガス

都市ガスの場合、主な成分はメタンです。
成分の関係上、プロパンガスと違って液化させるのが難しく、各家庭には気体のまま送られています。
また、同じ量のガスを燃やした時に発生する熱量もやや少なく、平均して都市ガスはプロパンの半分程度の熱量しか発生させられません。
しかし、ガス価格に対するガイドラインや法律があるため、急激な価格変動が殆ど無く、安定して供給されるのが利点です。
また、単純にLPガスより安いというのも魅力の一つです。
一か月あたりの使用料金を比較した場合、都市ガスはLPガスの半額程度に収まります。
賃貸住宅を探す際の条件で都市ガスが使える事を基準としている方が多いのはその為です。

Industrial landscape set. The nuclear power plant and factory on the background of the city.Vector flat illustration.

LPガス

LPガス、プロパンとも言われますが、こちらの主成分はブタンとプロパンが使用されています。
その為、都市ガスと違い、圧縮するだけで簡単に液化することが出来、ボンベでの輸送、保存に適したものとなっています。
また、都市ガスに比べて少量で同等の火力を生み出せるため、一度の利用で消費するガスの量は少なくなります。
ただ、料金が自由価格となっているため、都市ガスに比べて割高な場合が多くなります。
一部のLPガス業者は、都市ガスに近い水準の価格に設定されているので、もしLPガスしか使えない地域ならば、そういった業者を探すことも大切です。
また、タンクで自宅に保存しておくという特性上、事故や災害で供給ラインが断たれたとしても早期に復旧できるという利点もあります。

電気とのセット割に注目!

電力の自由化に伴い、ガス会社やガソリンスタンド系事業者などが電力会社として参入しています。
これらの業者では、自社と契約したユーザーには、ガスやガソリンの販売価格を割り引くサービスを行っています。
上手く利用すれば光熱費がかなり削減できるので、電力会社を変更する際には考慮しておきましょう。

ガスとの割引

東京ガスや大阪ガスなどの大手ガス会社はほぼ全て電力事業への参入を行っています。
東京ガスの場合には、電力とセットで電気の基本使用料が月額270円割引になります。
更に、インターネット回線も同社と契約した場合、トリプル割としてさらに利用料が割引されます。
大阪ガスの場合は東京ガスとは違い、ガスと電気の料金から一律1%を割り引くサービスが行われています。
どちらの場合も、電気料金自体が今までより安く設定されているのですが、同社のガスとセットで契約することにより、更にお得になります。

ガソリン代が安くなる場合も

ENEOSやシェル石油などのガソリン販売業者でも電力事業が行われています。
こちらの場合には、電力を使用することにより、ENEOSカードでの支払いが割引になるというサービスが提供されています。
電気料金の支払いをENEOSカードにする事により、ガソリン1L辺りの料金が1円割り引かれるというもので、日常的に車を使用している方にとっては大きな利点となるでしょう。
他にも、シェル石油の場合には1L辺り10円の割引が受けられるプランが発表されており、こちらは使用するクレジットカードの制限が無いため、使いやすいものとなっています。
ただ、ENEOSでは長期契約プランで電気代がさらに安くなるプランがあるのですが、昭和シェル石油ではそのようなプランはありません。
契約される場合には、毎月のガソリンの使用量や、電力使用量をよく考え、自分の生活に合ったものを選びましょう。
ガソリンやガス会社との電力契約はとてもお得ですが、上手く組み合わせることでさらに節約できます。
契約を変更する際には、各社のシミュレータを利用し、最も安くなる組み合わせを選びましょう。

具体的な割引プランが気になる方はこちらへ

電気代を節約したい方はこちらへ


 

次はこの記事

battery-22119_1280

充電池(ニッケル水素電池)はお得!?~乾電池と比較して~

目次1 充電池(ニッケル水素電 ...